岩田

NYNY サロンマーケター岩田です。

記事一覧(271)

『何のために美容師する?』価値観を合わすのではなく目標を共有したらどうなるか?

仕事に向き合うモチベーションって、人それぞれです。『何のために働いてるの?』と問われれば、答えは人によって様々です。根本を突き詰めると重たい話になってしまいますが、少なくとも同じお店・会社・チーム・組織で働く人達は、ある程度の共通認識があるほうがとても働きやすい。この『何のために?』を、少しでもいいからお互いに共有している、という事です。要は夢とか目標を、仕事の中で持っている人同士じゃないと、逆にお互いが働きにくい環境になってしまうことってないですか?波に浮かんでいたい人間が8割何にせよ夢や目標がない人は、いまの仕事をしている深い理由や意図がないので、少しの波で流されやすく、その流れに逆らって進むのを嫌います。逆に夢や目標がある人は、いまの仕事を選ぶ理由と意図が明確なので、少々波がこようと目的地は変わらず、どんな波も関係なく進むのを当たり前とします。人は変化を嫌う生き物ではありますが、それは例えるなら〝波にプカプカと浮かんでいたい〟生き物であると僕は思ってます。波にプカプカと浮かんでいるので全体的に移動はしているんですが、自分の意思で波に逆らって泳ぐのはしんどい。その場で何となく漂うのが気持ちいい。(こんな事よくありますよね)『わざわざ泳がなくてもいいやん。波に浮かんでいれば岸に着くんだし。』一応目的地も把握してるし、波の方向も見てる。けど大きく違う岸に行こうするわけではない。なのでこうやって生きていくのが1番楽なんです。