休眠美容師と永眠美容師

おはようございます。

雨の日が続いて前髪ウネウネ。。。( ゚Д゚)

どうも岩田です。


ところで

みなさんこの記事どう思いますか?

ちょっと思った事すこし書いてみようと思います。


【休眠美容師ってホントに多いんでしょうか?】

『働きたいけど働けない』のもわかりますが

『もう働きたくない』人の方が多いでしょう。



統計上 美容師免許を持ってる人と、

実際働いてる人の割合だけみても、

〝免許を取ってすぐ辞めた人〟や

〝美容師が嫌になって辞めた人〟というような

【永眠美容師(笑)】

は数字上ではわからないですよね。



(美容師免許がもし更新制ならわかりそうですがww)



その大きな理由の一つに

美容師という仕事が〝しんどい割に収入が低い〟と感じる人が多いと思う。



そう考えると、

今回の問題は介護業界ないし高齢化の問題へ大きく発展してしまう。



【お国が予算をおろさない限り、難しい問題なのでは?】


普通に店で働いてて〝しんどい〟言うてる美容師が、

より条件が絞られる仕事をあえて選ぶとは思えない。



介護士さんが少ないのも一緒ですよね。



〝やりがい〟が云々の話は置いておいたとして、

売れてる美容師さんを考えてみると、よくわかる。


〝より高単価なお客様〟を選んで仕事をしていってる。

(決して否定してる訳ではないです!)



それ以上言いたいことは、、、

わかる人にはわかると思いますm(_ _)mサーセン


まぁ選んでるという表現は適切ではないかもしれません。

けど今美容師さんたちが目指してるのは確実にそちらですよね。




【過酷な労働環境を強いられる美容師という職業】


もちろんそれを過酷と思わず、楽しんで仕事ができている人たちも

たくさんいます。


しかし情報過多なこの時代。


美容師=しんどい

みたいな認識が世間にも広まり、

より求人のかかりにくさを助長しているような気もするのです。


しかし

そんなイメージを脱却させようと動いている会社はたくさんあります

パート勤務、労働時間、長期雇用。。。


今まで難しいとされていたこういった問題を

一生懸命解決しようとしてくださる経営者さんがたくさんいます。



だから

美容師の未来は明るい!


口だけでなく結果で世間に示そうじゃないですか( `ー´)ノ






0コメント

  • 1000 / 1000