デビュー3ヶ月のヤバイ美容師さんに会ってきた

ハッキリとした目標がある人は、

『目標までの最短距離』で日々の行動を考えられるんだなーって話。


東京都世田谷区にあるAsh二子玉川店に臨店してきました。

NYNYはAshと同じグループ内なので、普段からお互いに〝有益な情報〟があればすぐに共有をできる環境。


今回は彼に会いに行ってきました。
亀山 直紀店長!


20代の店長とAshの幹部としてはかなり若い年齢ですが、注目すべきは

彼の『プロデュース力』



実は去年から二子玉川店はweb媒体での集客成果がめっちゃ出てると聞いていて、

僕としてもかなりNYNYの販促のヒントにしていました。


ただ昨年の年末...
どエライ成果を聞いてしまったので、すぐに臨店を依頼。

それはこの人⬇︎⬇︎



詳しい数字は書けませんが、
(NYNYの皆さんはもう知ってますね!)

彼は去年9月デビューの若手スタイリストにも関わらず、

デビュー3ヶ月目の12月に

指名売上が百◯十万達成し、

お店の新規の60%をminimoで呼んでしまった強者!


当然、割合でボカしましたが相当な新規数。


決して新しいお店ではない二子玉川店で、

自力でお客様を集めて売上を上げています。



やばいなー!


夢があるなー!!



そんな根本くんのモチベーションの要は

『オーナーになる事』


だそうです。


オーナーになる目標がハッキリしているので、彼はまず亀山店長をコピーする事から始めているとの事。


営業を見ている限り、とてもデビュー5ヶ月(2月現在)とは思えない貫禄。笑


ひっきりなしにダブルカラーのお客様とカットのお客様をかけ持ちし、忙しそうでした。


minimo集客のポイントはもちろん細かく色々ありますが、やはり根本くんがここまでに至る最大の理由は??と亀山店長に聞くと

彼はこう答えてくれました。

『彼は目標までの最短距離を知っています。今やる事が決まっているんです。』




当然、亀山店長自身もFCオーナーとして独立する日は遠くないでしょう。
(僕はそう感じました)



夢とか目標って、具体的にイメージすればする程、現実味を帯びてきます。

夢や目標が漠然としたものだと、行動が伴わず、どんどん曖昧になります。


じゃあ夢や目標を『具体的にイメージする』には、どうすれば??


僕はこう思います。


目標にする〝人〟を作ればいい。



先輩、上司の姿を目標にすれば、より具体的なイメージに近くなるし、これほど『リアル』な目標はない。


そんな誰かのメンターに、自分はなれるのか!?

改めて考えさせられた一日でした。

0コメント

  • 1000 / 1000