売上が上がるお店は『世間に求められてるお店』なんだよ

今日横浜のアルテ本社ビルでグループ全体会議に出席してきました。



雨がシトシトとふってて寒いぜ...


今から京都に一度戻り、夜は姫路でAsh柴崎社長と合流です。(嫁と娘よ、すまぬ...)




今月、姫路の滞在日数が多すぎて

もーすっかり播州弁が板についてきとう感じがする...





さて今回は

前の日にこちらで別件の会議やら打ち合わせやらがあったので、そのまま泊まりで朝8時にアルテビルへ。



石山専務からの〈中期経営計画〉と〈グループ経営方針〉が聞けると伺っていたのでワクワクして最前列を確保。


アルテサロンホールディングスは今年で30年の年になるので、2018年は本当に重要な年になります。

グループの5ヶ年経営計画と、ここ5年間の振り返り。


特に2015年からのチェーン売上の伸びであったり、消費動向指数との比較もわかりやすく


NYNYもここ数年の右肩上がりの勢いを弱めることなく、更に突き進んでいこう!と奮い立ちました。



石山専務が仰ったアルテ方針の根幹は

1.会長の精神
2.新しいチャレンジ

この2つをこれから柱にしたい、と。

時代を先取りした〝新しいチャレンジ〟は、ぼくらが常に成長していくには絶対に必要で

先日オープンしたNYNY姫路広畑店や、6月に茶屋町にオープンするTONI&GUYでも、

いかに〝新しいチャレンジ〟を取り入れられるか?をキーにしています。


『現状維持は衰退』


という吉村社長の精神の元、新店ふくめNYNY全体としても色々とアイデアを出しています。



でもやっぱり今回、最後に石山専務が仰った言葉で印象深かったのは、


『売上が上がるお店は世間から求められていて、売上が下がってるお店は世間から求められていない。』




この言葉は、姫路広畑店のオープン朝礼でも同じ事をスタッフたちにお話されていました。
売上が下がってくると、きっとお店のサービス自体が『お客さんが求めていない事』をしているんじゃないでしょうか。

これだけWeb予約が主流になるのも、
コラムやインスタで集客ができるのも、

全部『お客さんが求めている事』なんですよね。




自分の、美容師のやりたい事だけやるのではなくて

お客さんが求めてるサービスにピントを合わせる



ここをズラす事なく、

お店を発展させて行かないと、きっと衰退します。


求められるものがスゴイ勢いで変化する時代。


それを常に敏感に察知することは、決して〝苦しい事〟じゃなくて〝楽しい事〟です。




みんなで成長していこう。


★NYNYショートムービー公開中★

0コメント

  • 1000 / 1000