今美容師のレッスンはハサミとスマホの二刀流

サロンマーケターの岩田です。

最近朝起きたら顔がしわくちゃなんで、肌年齢が気になるこの頃...


アプリで診断したらマイナス1歳でした。

うーんこれは...


良いのか悪いのかわからん😦

最近は色々アプリがありますネ🙄






という事で話は変わりますが






NYNYでは2018年より、

お店の店長を二人体制(つまりダブル店長)にするという試みで、

各店の管理者が動きだしています🔥🔥



今までの店長とは別に、

新しく『プロデューサー』という役職が生まれました👶🏻



プロデューサーとは、
各店の発信系統の管理をしてもらい、動員を呼ぶことをメインとした管理者です。





WebやSNSでの『発信力の重要性』がますます求められる時代に合わせて


〝よりハイレベルな動員戦略〟をしていくには、いままでの店長の仕事が増え過ぎてきました🤪🤪💦




なのであえて、
仕事の責任と内容を2つに分けるのが『ダブル店長体制』の狙いです😤




美容室に動員を呼ぶ(=集客)は、

美容師の発信をプロデュースすること。



つまり〝教育〟でもあります🙄💡



たとえばこの動画をみてください↓↓




見てくれましたか👀??





はい、ではここで質問です👋🏻




『あなたはコレを作れますか??』




たぶん、このブログを読んでる美容師さんのほとんどの人が『Yes』と答えるでしょう😴




でも僕が質問しているのは、



『あなたはコレ(動画)を作れますか?』



という事なんです☕️




先日、プロデューサーの会議でこの質問と、さらに『何のアプリを使ってこの動画を作るか、すぐ答えられますか?』投げかけたところ


ほとんどの答えが『No』でした...☠️




例えば編集はこのアプリがいいとか、

文字はこのアプリがいいとか、

普段から話題にすることがほぼ無かったんですね😂





インスタなどの発信に敏感なスタッフは


『この動画は何のアプリで編集してるか』



という部分に注目しますが、


古く頭のかたいスタッフは


『仕上がりが...』『カットが...』



という部分にしか目がいきません。






もちろん僕らは美容師なので、


仕上がりやカット✂︎に着目するのはもはや『当たり前』なんですけど、


プロデューサーの仕事の1番の〝キモ〟は『発信力』にあります📲





☘️スマホをどんな角度で撮ればキレイか?

☘️どの場所で撮るのがキレイか?

☘️動画の場面構成はどうするか?

☘️エフェクトはどのアプリが良いか?

☘️文字入れはどのアプリが良いか?

☘️どんなヘア(話題)がウケるか?

☘️どんなコメントがお客様に響くか?

☘️何の媒体を使って投稿するか?





こんな事を四六時中考えてる人🤔のほうが、


確実に『集客できる美容師』なんです。





先日、ある東京の講演会でEARTHの代表取締役、國分さんがこう仰られてました。




『成功する人は、365日24時間、仕事の事を考えている。私もそうしてきました。』





スマホでゲームもいいですが、


僕は皆がゲームをしている間に仕事の事を考えていたい。



スマホで情報が簡単に手に入る時代。


情報のない商品ほど、リスクの大きい買い物はありません😑




すでに美容師のレッスンは、


ハサミ✂︎とスマホ📱の両方を使う技術職に


変革してきているのではないでしょうか...


0コメント

  • 1000 / 1000