【春キャン戦争】Hotpepper VS minimo 熱い戦いが今始まる


みなさん3月の新規集客の状況はいかがでしょうか🤤来てますよねー熱い戦いが🔥



ホットペッパー対ミニモ。
いやまぁ勝手にウチが意識してるだけなんですケド☕️笑




【学割U24】

VS

【ミニモ春きゅん】




さて、どちらに軍配が上がるのか!??


良いタイミングでT層とF1層の奪い合いが始まりました...
企画はしっかり活用しないといけません。


T層・・・13〜19歳の男女
F1層・・・20〜34歳の女性


春の新生活という事で新規集客に拍車がかかるこの3月🌸

NYNYではHotpepperBeauty 、minimo共に『春のキャンペーン企画』に乗っかって打ち出しをはじめました😎



両社の企画内容はこんな感じでしたネ☝️

【学割U24】

ページ消えちゃうと思うんで、画像も貼っときます🐖



クーポンに指定の条件を挿入すれば、
特集に参画するサロンとして検索されます🔍

珍しくアプリにも特集バナー入りましたね💡
(ログインしている状態じゃないと表示されないみたい🧐)

アプリから検索すると、結局ブラウザに飛ばされる感じ💻


プライスや表記の条件が結構ありましたが、

(載せていいのかわからんので割愛...)
ソッコー全店で動いたうちは、割と反響はありましたよね🤤


期間は3月号~5月号なので、
実際は2月末~4月末の掲載です。






【ミニモ春きゅん】

対するミニモはこんなカジュアルなネーミング☝️笑


これに関してはキャンペーン開始が3月13日~4月30日なので、

実際の画面はまだ公開されてません。(3/10現在)


ただホットペッパーの【学割U24】よりかは条件がほとんど無いに等しいので、自由に設定できる感じが『ミニモ掲載ユーザー』にとっては優しいですね🤭



ホットペッパーの方はキャンペーン参画の案内を『店の管理者(年寄り)』に任せないと管理できませんが、ミニモの方は『美容師個人(若者)』に任せている状態。



キャンペーン参画の『割合』は実際どれくらいなのかは知りませんが、その辺はミニモは若干、不利な感じと予想しています...🍵

(会社で指示しているウチなんかはキャンペーンに完全参加なので、余裕)



実際に【学割U24】キャンペーン(バナー設置)が始まる前に、

NYNY全店のクーポンをこの表記にしたところ、こんな感じの反響がありました💫



2月の数字なんで、キャンペーン始まる前(後半ちょっとかぶってた)ですが、

これをすぐ設定しなかったらこの492件の新規さまってどこに行ってたんでしょうか???




■ホットぺとミニモの決定的な〝違い〟■


ミニモは掲載している人はわかると思いますが、
結構な頻度で『集客ノウハウ』をアプリのお知らせで配信してきています📱



たとえばメニュー(クーポン)1つ設定する時も、いちいち『〇個以上メニュー作った方が〇%アップするよ!』とか表示が出てきます🔥




つまり、

美容師個人の『集客ノウハウ』を教育してくれているんです。



その点ホットペッパーは、

お店の管理者が担当者と打ち合わせ→PCで設定💻

もしくは、

お店のPCにメールでお知らせ→PCで設定💻



なので、

『感度の低い管理者がホットペッパーをいじるので、スタッフに集客ノウハウが教育できない』

という事態が起こってます🤭



『スタッフ個人が集客ノウハウを習得したら、会社に所属する意味がなくなるのでは??』
という考え方もあるかもしれませんが、僕はそうは思いません。



『自分で集客できる能力(自信)がつく』というのは、退社率とは全く関係ありません。



上手なカットを教えても、他の店や面貸に流れる理由にはなりませんよね😒

上手なカラーを教えても、会社を辞めて独立したい理由にはなりませんよね😒



『集客力が学べる』会社

これから美容師にとって必要な環境ではないでしょうか?




NYNYはこの『集客が学べる』会社であるよう、僕が徹底して社内発信(半分ムリヤリ)をしています。笑





さてこれから業界はどうなっていくんでしょう~?

🔥ホットペッパーVSミニモ🔥

まだまだ会員数の多いホットペッパー有利は変わりませんが、風向きが変わってきた美容の広告業界。


非常に楽しみです🙂



0コメント

  • 1000 / 1000