『それ前から聞こうと思ってたんです』は元から聞く気がないやつ

サロンマーケーターの岩田です。





僕はNYNYのスタッフが売上をあげてもらうようにするのが仕事なので、



そのお手伝いで月のうち必ず10日以上はお店のミーティングに参加させてもらいます。



毎月決まった店舗のミーティングに参加してると、



その店舗のスタッフの数字では見えない、良いところも課題も、色んなところが見えてくるんですよねー。





例えば、


先月出した課題に対して『今月クリアできているか?』を1つ1つチェックするんですけど、


できていない課題に対しては『なぜクリアできなかったか?』を考えてもらう所から始めます。



原因はやり方が通用してなかったり、


時間の使い方だったり、


ただ忘れていたり、


そもそもやる気が無かったり...。(←😑)


まぁ理由はそれぞれあっても、そのスタッフが次の月に1歩ずつ成長してくれれば、本当にうれしいです。





ただ1つ、たまに〝気になる言葉〟を聞くことがあります。



僕が『この部分はどうなってますかー?』と質問すると、




『あ、そうそう^^ それ丁度聞こうと思ってたんですよ』



↑ コレッッッ🤯🤯🤯





完っ全にいま思い出したか、もしくは〝気づいてました感〟アピールが凄いこの発言。



僕はこの発言を聞いて、とても残念な気持ちになります...





だって僕、365日質問受付中がウリで仕事してるもんですから、



なんで1か月間質問をくれなかったのか?という所がとても残念です。



気づかなかった、忘れてた、知らなかったなら素直にそう言ってくれればいいのですが、



『言われなくても気づいていました、けど質問するのは忘れてました』



という〝すぐ行動できない人〟アピール...



これは自分の器を小さく見せてしまうので、止めたほうがいいですね。






■心に留めておきたい『無知の知』っていう言葉

僕の座右の銘の1つにこんな言葉があります。


ギリシャの有名な哲学者ソクラテスの有名な言葉です。


『無知の知』・・・自分は無知(なにも知らない)ってことを気づいている時点で、知ってるアピールする人より偉いという意味。


・自分は何も知らないので、教えてください。


・自分は何でも知っているので、大丈夫です。



社会人1年生の時なんかは、みんな前者の方だったんではないでしょうか?





僕も普段からすごく気を付けないといけないと思ってるんですが、


年齢や経験を重ねると、


『自分はこの分野においてはかなり知っている(経験している)から、もう今更ひとに聞く事って少ない』


と思ってしまいがちなんです。




もしくはお話を聞いても、


『あーその話って要はこういう事でしょ。知ってる知ってる、すでに一周まわってるし、俺』


と素直に受け取れないことが多くあります。





でもこーゆう時に大事にしたいのは、


『自分はまだまだ勉強が足りないから、どんな些細なことでも取り入れたい』


という、いわば謙虚な姿勢。


1周したら2周目に突入したらいい。


2周したら飽きずに3周目も行ってみる根性が必要。


そんな気持ちで、自分の『無知の知』を忘れないようにしたいもんです。




なので、


『あ、そうそう^^ それ丁度聞こうと思ってたんですよ』

という、すぐに質問できなかった自分への言い訳は止めて、


『あ、忘れてました。すみません!』


と素直に言える自分の方が、成長できることを心に留めておきたいですね!

0コメント

  • 1000 / 1000