美容師について、そっと吐き出してみる

最近美容師の今後について意見を求められることがよくあります。


独立は僕らの夢でもあるけど、
独立以外に夢を持てるような
新しい可能性と選択肢がたくさんあってもいい。



けどそのためには、知識と発想、
そして人脈が必要。
色んな価値観に触れ、経験を参考にし、情報交換をする。
動けば動くほど、その可能性にわくわくする。


たくさん道はある。
そしてその道は、プロフェッショナルがすでにいる。
だからそこでまた、更に知識と発想が深まる。




なんて面白い!!





時代は大きく動いている。
美容師はもっと幅広い視野を持たないといけない。

技術?接客?撮影?講習?

自己表現のデザインなんて、客に通じる時代じゃないのは、みんなわかっているのに。

デザイナーなのか、サービス業なのかハッキリしないよね。


もう完全に飽和状態でしょ。

どっち付かずではもう成り立たないのを世間も知っていて、
それが若手美容師の減少にも繋がるんだと思う。




その中で確実に結果を出し続ける頭の賢い人達。

デキる経営者の脳は本当にすごい。


使う側と、使われる側。
利害の一致がますます今後のキーワードにもなると思う。



僕は美容師を通過点と思っている。


だから決して、
一つの物事に固執してはいけない。

そして賢くならなければいけない。

だから、必死で知識と経験を蓄える。



時間の足りない経験は、知識でカバーできる。
情報過多のこの時代で、
独自のメディアリテラシーさえしっかりと意識すれば、

それは可能だ。

仕組みをしっかり理解すること。
物事の本質を見極めること。
そしてその目的を知ること。



美容師は今後進化が問われる。





だから、
僕が先駆けになります。




今はまだ事情があり、発信できない考えがたくさんあるが。

けど、もう少し。



0コメント

  • 1000 / 1000