美容師が好きなワードに惑わされるな!!お客様に親切な本当の『SEO対策』




SEOとは...



検索エンジン最適化って意味です。


要は何か検索する時に、自分のページが上位に上がってくるよう、何やかんやする事をSEOと言います。



この SEOを勉強する事で、美容師とお客様の〝感覚のズレ〟を知ることができるってご存知でしょうか??






自分のブログ、インスタ、フェイスブック、ホームページ、ホットペッパー、youtubeなどなど...

お客様に向けて発信をするものには全部、SEOの対策の仕方があって、

それを知ってるのと知らないのとでは『お客様の目に触れる回数』に大きく差が出てしまいます。



では〝感覚のズレ〟はどのように起こるのでしょうか。


それにはまずSEOの概念を知らないといけません。






◼️お客様が『求める情報』を『求められる形』で届けるのが1番のSEO対策




人が何か調べようとする時って、必ず何か『知りたい事』があります。
(↑当たり前やん)


その『知りたい事』にたどり着くために、人は辞書をひくように色んな〝単語〟を思い浮かべるはずです。


その〝単語〟をちゃんと(自分の発信するもの)にたくさん用意しておくのが、まず第一のSEO対策です。


ですので、

キチンとお客様に意味の伝わる単語を使うこと。



難しい専門用語や、美容師同士でつかうカタカナ語なんかは、お客様は意味がわかりません。

更に言うと、

お客様はそんな言葉で検索しません。



お客様は知らない美容師用語をわざわざ検索しないので、

いかに『お客様が使うことば(単語)』を使うか?が大事になってきます。

(※あえて専門用語を使うテクニックもあります)




美容師が使うことば
グレイカラー、レイヤー、ハイトーン、フロントカット、などなど


一応お客様が何となく知ってる言葉でも、
『その単語で検索するか?』と言われれば必ずしもそうではありません。



辞書で調べるなら、

『グレイカラー』は〝か行〟で、
『白髪染め』は〝さ行〟と

全然別のページですよねー


なのでSEOで1番大事な『タイトル』でも『ハッシュタグ』でも


美容師が好きな言葉じゃなくて、お客様が探す言葉をキチンと発信する事が1番大事。







つぎはGoogleとの付き合い方を書こうと思いますので、お楽しみに。

0コメント

  • 1000 / 1000