不満を抱いて独立する人は絶対に同じ壁にぶつかるから止めてください

先日ある美容師友達のインスタを見てたら、こんな文章が目に留まった。



『ご報告です。◯月◯日で□□□(今の美容院)を退社することになりました』



え!マジか!と思ってすぐに連絡をした。


友達はそのサロンではそこそこのポジションで頑張ってるのを知ってたので、
何かよっぽどの理由があって辞める決断をしたのか、そろそろ独立でもするのか。


LINEで色々聞いてると、退社理由(不満)がたくさん出てきたので『ふんふん』と聞いてたんですが...
あまりにも勉強してなくて考えの浅い彼がすごく心配になった。
(余計なお世話かもしらんが...)



めちゃくちゃ狭いコミュニティの中で得た知識で、独立を目指して辞めると言う。


独立するのは夢があってすごく良い。


けど彼には僕の目から見ても明らかに情報が無さすぎる。



情報って本当に大事で、

『無知』というのは自分の人生に大きな〝損失〟を与えるという事を彼は気付いていないようでした。




彼は僕の大事な友人なので、ホンマに余計なお世話かもしれませんが本当に心配。。。






・・・っと、一応ぼくの友人の話は終わりなんですが、ここからは似たような境遇の人へ僕の思うことを。



独立までのノウハウなんて簡単に手に入るけど、


独立してからの集客や、売上の上げかたを、全く知らない(経験してない)美容師が独立するのは本当に危ないから止めた方がイイ。




環境やタイミングで流れてきたお客様を、自分の実力だと思い込んでしまうのは凄く危険。




今働いてる店で何か不安や不満があって『辞めて独立しよう!』と思うかもしれません。


細かい人間関係の問題とかは勿論あると思うけど、


ほとんどは『目先の給料』でただ不満をもってるパターンが多い。




厳しいようだけどそんな人は十分『妥当な給料』を貰ってたりする。



実は自分の成績があがらないのは今の環境のせいだと『責任転嫁』してしまっている。


なのにただの労働者として不満を言い、経営者になりたがる。



僕は経営者ではないから偉そうに言うつもりはないが、事実は事実だ。



『俺はもっとやっているはずだ』
『こんな給料じゃ、やっていけない』
『だったら独立して好きなようにやりたい』


でも

今やれてない仕事をなぜ、独立したら〝やれちゃう気分〟になるのか?




環境を変えたら『新たな自分』に生まれ変わって、


いきなりレベルアップした状態でスタートできる気でいる人がたくさん居る。




でも『今そのサロンでやってない事』を、気合いだけで『できるようになる』わけがない。


独立までの知識や経営理論は、いつでもいくらでも手に入るかもしれない。


でももし会社から『やった方が良いよ』という事を素直に聞けず、逃げ続けて今を選択するならば絶対に独立なんてしない方がいい。


こんな事言うと怒られるかもしれませんが、笑


美容師の独立ってあまりにも簡単にできちゃうから、無駄にお店が増えすぎてるんだと思ってます。


不満を抱いて独立する人は、絶対に同じ壁とか不満にぶつかるで。



それなら会社に属してプレイヤーとしてまだまだやれる事がある。


フリーランスとか言うカッコつけた言い方したいだけで、もしテキトーな覚悟で美容師やってるなら人がいるなら早い事、違う職を探してほしい。

0コメント

  • 1000 / 1000