【集客を学ぶ】若手スタッフが活躍する『クーポンサイト教育』の重要性



さて今日は、ほぼ半日事務所で講習の資料を作ってました💻

あー肩凝った!!


デビュー前スタッフ(正確には本デビュー前)向けの講習資料。


どこの美容院でも抱える問題である、

『スタイリストになったら何を勉強したらいいか、わからんくなる人』

を作らない為のお勉強。


技術はずっと練習していけば良いんですが、
なかなか『集客のしかた』をスタイリスト個人で教えてもらう機会って、めちゃ少ない。


これが大きな問題!!


管理者になってから集客の勉強をし始めても、よほどセンスがない限り、時間がかかり過ぎてそれこそ〝管理者としての生産性〟がどーなんかって話。


もし『クーポンの値段だけ触るしか発想がない管理者』では、自分の売上はあがっても後輩や店の売上げはあげられない...


という事でNYNYとAsh (アルテグループ)はココの教育に力をいれてます!!

今回の資料は主に『クーポンサイトの活用の仕方』について。


ミニモでもホットペッパーでも、美容院によって色々考え方あると思うけど、

若手のうちにガンガン同年代のお客様をつけて生産性をあげるには、上手くクーポンサイトを使わないと損!!




という事で、資料の一部をご紹介。

おい岩田!またカレーの話か!!



はいカレーです🍛
カレーのメニューで例題です。




Q.どちらを選びたいと思いますか??


①新規限定:ビーフカレー¥800


※新規限定
※トッピング別料金




②6種のスパイスで100時間煮込んだ 有名シェフ直伝のカレー¥900


ゴロっと大きめ野菜と、
国産牛肉の旨みがギュッと詰まった
優しい味。
※トッピングは別料金です






完全に②の方が魅力的に感じますよね。

①はやたらと『条件』ばかり主張するのに対して、②は『魅力』を推しています。


条件ばかり書きたがるのが美容師の悪いクセ...本当にお客様に来て欲しいのか、来て欲しくないのかわかりません。


条件明記はもちろん必要なのはわかりますが、もっともっと商品の説明に〝魂〟を込めて魅力をアピールしないと、
ただ値段(安さ)で選ばれるだけのクーポンになってしまうでしょう。



どんな人に?何が?どうオススメ?
それは何故?他とどう違うの??


これらを直感的に、効果的にお客様へアプローチする考え方は、集客の基本となります。



こんな事を、デビュー前のスタイリストが詳しく学んだらどうなるでしょう??





そりゃお客さん来ちゃいますよ。




超基本的なことですが、気づくか気づかないか?知ってるか知らないか?が今後の美容師戦国時代のキーポイントになってきます。



のほほんと勉強せずにあぐらをかいている老美容師は、どんどんウチの若手にお客様を取られていくでしょう。



集客って楽しいよー




0コメント

  • 1000 / 1000