仕事の〝効率化〟を考えると、結局勉強しないと置いてかれるよってお話



世の中は日々進化していってるので、便利な物を使わない手はない。



LINEが一般的になる前はEメールで友達とやり取りしていたし、


いまさら世の中全員がEメールに戻らざるを得なくなったら不便で仕方ないだろう。




とは言え、最新のものに疎い人たちは一定数いるわけで...



それは年齢関係なくただ『新しいものを覚えることが面倒くさい』って感じなんだと、僕は勝手に解釈している。




年を取るとは、新しいものに興味がなくなる事なんですね。






そんな最中、ぼくのシショー(名前は伏せます)からこんな記事が...


すごいwww



あー僕なんてまだまだアナログ思考の時代遅れ野郎だったんだな...

美容業界って遅れてるな...




でもいずれ何でもこんな感じになってくるんだろうなー



進化ですね、進化。



進化は〝効率化〟と〝低コスト化〟を生むので、絶対に受け入れるべきなんだと思います。



例えば新しいカラー剤パーマ剤が出てるのに、頑なに否定して使おうとしない美容師がいたとしたら、どうなんでしょう??





ちなみに電話なんかも、基本僕はあんまりしないです。


特にサロン(現場)のスタッフと連絡を取りたい場合、お客様への手を止めてまで緊急を要することはあまりないので、

自分のタイミングで連絡を受け取れるテキストメッセージの方が都合が良い。



(もちろん電話全く使わないってわけでは無いス!)




現場じゃない僕も一緒で、電話がかかってくると〝それだけ〟に時間がとられて仕事が進まない


移動も多いので掛け直すのも大変...。




文章に起こすのが煩わしい(もしくは苦手な)場合は、もはや〝音声メッセージ〟でもいいと思う。



聞けるタイミングで聞くので、スピード感を要さないときはすべて音声を録音して送ってほしい。

(その返信はもちろん、テキストで返します)





取引先とのメールのやり取りなんかも、もはや時代遅れすぎてぶっちゃけコチラに合わせてほしいと思ってる。




LINEでもMessengerでも、なんでもあるでしょうに。


特に僕は広告会社さん系とやり取りする事が多いですが、


特に僕ら『流行を扱う業種』なんで、もっと色々と考えてほしい...


って思います。


若いスタッフが常に若い感性で商売をしているのに、それに合わせられないコミュニケーションは無くした方がいい。伝わらない。




更に言うと、


WEB広告会社の売り込みも、電話で営業してくる人とか全く意味が分からない。



(自社の客をネットで集客出来てねぇじゃん...)



今時こちらもネット広告で最新の情報収集してまっせ。



っという事で

仕事は常に進化させていきましょう!勉強勉強!!




0コメント

  • 1000 / 1000