【美容師求人】人は結局『誰と働きたいか?』で大きな夢を追うことができる!



もう先月の話になるけど山口県にある『山口ビューティーモード専門学校YIC』へ、会社説明会に行ってきた。

初の山口県!という事で少し興奮気味のぼくは、説明会のはじまる3時間前に新山口駅に到着。YICは駅の目の前。

しかし駅前に時間を潰せるお店が全くなく、焦る僕。


仕方ないので新幹線の待合スペースでPCを開き、普段の仕事をやりつつ☕️

いざ説明会へ出陣!

ブースがいくつも並ぶ会場で、各求人担当者がいろいろな準備をしながら待ち構える。

そこに学生さんが数名集まって話を聞き、時間内で何回転かするスタイル。



各サロン『絶対に学生さんをとる!!』って意気込んで、オシャレなコンセプトムービーを見せたり、パンフを見せたりして、一生懸命に自社のアピールをする。



NYNYももちろん、福利厚生や教育、給料体制など、どこにも負けない条件はたくさん揃っている。大手ならではの強みも、めちゃ手厚い。




でも僕は、一切そんな話をしなかった




じゃあ一体何の話をしたのか?それは、





ただ〝笑いを取る事〟に徹しましたww






高いコストかけて何をしとんじゃー!と怒られそうですが、僕にはある戦略があった。


それが、

『どこで働きたいか?ではなく、誰と働きたいか?』

を学生さんに気付かせること。



つまり学生さんに『岩田という人間がいるNYNYで働いてみたい!』と思わせる事だ。
(もちろん笑いだけでなく、オチも用意しましたよww)



実際にサロンで一緒に働くのは、現場の店長はじめNYスタッフの皆ではあるけど、
まずガイダンスの大きな目標は『サロン見学に来てもらう』のが第1関門。



学生さんはたくさんのブースをまわり、たくさんのサロンから猛アプローチを受け、条件だけで考えるなら〝どこも一緒〟な感覚。


でも美容師を目指す子たちってそもそも、
〝就職したら頑張る覚悟〟を持っている。


条件が良いに越したことはないけども、根本では『自分がどんな美容師になれるサロンか?』を求めているんだと思う。


だから目標になる美容師がいるサロンは求人に強い!



この人みたいになりたい!

この人と一緒に働いてみたい!

この人と一緒なら自分も凄くなれる!




これが無いと人は夢を追えない。

夢を追えずになんとなく就職をしたサロンは、美容師なんて続けられない。

僕はそう思う。



だから僕は笑いで掴みを取った後、働く条件ではなく〝これからの夢の話〟をした。



そんな就職ガイダンスの結果、2人の生徒さんがわざわざ京都の店舗まで、サロン見学に来てくれた。

彼らはここで更に、サロンで実際に働いている先輩スタッフの話を聞き、目をキラキラさせていた。


僕は彼らが1番成長できる(夢を追える)店長がいる店舗を紹介した。



彼らも来年からNYNYで共に働く大切な仲間です。



今ぼくらがそんなスタッフにできることは『自分に磨きをかけること』が1番なのかもしれない。


会社がいくら『働きやすい環境』を用意したところで、魅力ある美容師がいないお店なんて誰も働きたいとは思わない。



人は絶対に『この人と働けば自分も成長できる!』という確信がほしいんだ。

0コメント

  • 1000 / 1000