SEOの本質を知りたいなら、まず〝ググり力〟を鍛えるべし


NYNYで1番、『ITキャラ』のイメージを欲しいままにしている岩田です。


突然ですが僕はITが得意ではありません。


パソコンに詳しい人ってイメージがあるのか、『パソコンの画面がおかしくなりましたー😭』なんて電話が結構かかってくるんですが、実は割と答えられません。笑



僕が1番得意としてるのもの。

実はそれは『ググり力』なんです。



Google検索はいわば1種の技術みたいなもの。

自分が調べたいもの、答えが分からないものをどうGoogleで検索したら良いか?
どうやって答えに辿り着けば良いか?


インターネットでは今やどんな情報も手に入りますが、逆にその情報の多さゆえに

〝情報難民〟

になる人たちが沢山いるように思います。


何をどう探せばいいか、わからない
こんな事が起こるんです。





求める答えにたどり着く、検索の仕方のコツは2つあります。


①上手い『検索ワード』を考える連想技術

②たくさんの記事から求める答えを見つけるリテラシー



これらを鍛えないと、欲しい答えには辿り着けません。



例えば。



あなたが道を歩いていると、足元にキレイな石コロが落ちていたとします。

思わず拾ってみたは良いけど、一体この石は何という名前の石なんだ??


この時あなたなら、どのようにGoogle検索をしますか?


①【石  名前】で検索した場合

石の名前を知りたいから、『石  名前』と検索する。

最もオーソドックスですが、これでは中々ほしい答えにたどり着くのは難しそうです。


だいたい1ページ目に『パワーストーン』系の記事が並び、自分がいま手に持っている石と同じものを探すのには、かなりの時間がかかります。。。



②【石  拾った】で検索した場合

あえて名前を検索するのではなく、自分の今の状況を素直に検索するパターン。


世の中には色んな人がいますので、必ず自分と同じ状況や環境にいる人たちが沢山いるものです。


同じように石を拾って、『この名前なんだろ?』って思ってる人がその答えをネットに公開してくれてます。


意外とこの方法は面白いかも。



③【鉱物  きれい】で検索した場合

石を〝鉱物〟と言い換えることで答えにより近くなります。


Google検索のキモは、如何にはじめから答えに近いワードを入れるか?にもよるんですね。


自分が知りたい情報の、何割かをそのまま検索バーに入れてしまうと、早く正確に辿り着くことができます。


④Google画像検索をする場合

これはもしかしたらスマホでは利用できないかもしれませんが、石の画像をそのままGoogleに検索してもらうパターンがあります。

自分が撮った写真と、類似した写真をGoogleが見つけてくれます。


これが1番手っ取り早い方法かもしれません。






このように、Google検索には色々な方法があります。

今回紹介したやり方以外にも、もう少し突っ込んだやり方がありますが


要は

『Google検索にも上手い下手がある』

という事を知っているだけでも、自分の能力アップに大きく差が出るのではないでしょうか。


この検索の力が上手くなれば、情報を提供する側(SEO力)も身につきます。



人がどのように疑問をもつか
どのように答えにたどり着くか


これらを知る事で書く記事も変わってくるのです。

みなさん、
SEOの勉強するならまず〝ググり力〟を身につけると、SEOの本質が見えてくるかもしれませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000