【TikTokで見る発信の変化】『#広告で有名になりたい』が流行る理由とインスタの今後



いやぁ、ホントすごいですよTikTok(ティックトック)


ただ『若い子たちが何かやってるなぁ〜』で済ませられない領域にまで、もう来ちゃってますねぇ。

インスタ終わっちゃうかもね、ほんと。
※あえてうちの子貼っておきますww



今さら『TikTokってなあに?』って大人の方はもうググっちゃってください。

(でも優しいから貼っておきます↓)



まぁこの記事にも書いてますが、やっぱり

〝真似をしやすい〟

というのは流行り物にはマストなんですね。


ピコ太郎の時もそうでしたが、爆発的に流行るものはやっぱり〝誰でも真似しやすい〟から流行るんだと思います。




15秒で作りやすいのも、YouTubeと違って壁が低いし気軽。
かわいいし、オモロイし、カッコイイし、もー今のSNSの『楽しい部分』を集約したみたいなサービス。こりゃ流行るは。。。





で、まぁ今さら『なんでTikTokが流行るか?』なんて、やってみればスグわかるはずだし、記事にもいっぱい出てる。


けど僕がいま注目したいのは、TikTokの

『#広告で有名になりたい』

『#有名になりたい』

『#大人気になりたい』

が流行ってる日本人の感性の変化が面白い!


もはや自分をコンテンツとして発信してマネタイズ(収益化)する感覚を身につけてる。


これはさすがの中国発祥コンテンツ。
中国では日本よりももっともっと、インフルエンサーの影響力が強く、経済の要になっていると聞きました。



恥ずかしいとか自撮りはどーやこーや言う人と、どんどん自分を発信していく事を日常的にしてる人は、今後どのような格差を生むんだろう??


まぁ世の中職業はたくさんありますからね、良い悪いじゃ決してないんですが

完全に世の中の消費の流れが〝個人〟に向いてきてることの象徴!

ってな感じではないでしょうか。


さぁ美容師はどうする!?


個人発信できない美容師は、単価高いお客様がなんや偉そうに言えなくなってきますね??
それが無理ならメンテナンスサロンへ早く転換して、割り切ったプライドで仕事する方がカッコイイですね!




インスタはあくまで写真であって、実は個人はそこまで見えないツールではあった。


美容師で言う〝作品〟だけ発信してれば良かったものを、今後どのように『美容師個人の魅力』に繋げていけるか?が課題だと思ってます。

(そう考えるとまだまだ美容師とは相性が良いとは思う)


美容師にとってキッツイ事言いますが、僕は美容師のマーケターだから、身内に向かって声を大きくして現実を見てほしいなーって思います。

0コメント

  • 1000 / 1000