【ママ美容師こそブログ】お客様と関係性を継続するブログの書き方




前職で美容院の店長してたときに、パートの女性スタイリストさんがいました。


月200名近くの指名客をもってた超売れっ子スタイリストさんだったんですが、
産休に1年ほど入ってる間に僕が代わりに担当させてもらったりしてました。


美容師って、お客様との関係性が強ければ強いほど、時間や場所に左右されない〝自分の顧客〟みたいな、ある意味ブランドができてきますよね。



ある時、1年ほど産休に入る女性美容師さんにこんな質問をされた事がありました。


『休んでる間も、お店とお客様の役に立つ事がしたい。何ができますか?』



まず1番良い回答は、
『何もしなくていいから、しっかり子供と向き合って子育て頑張ってね』
って答えかもしれません。


まぁでも僕は、本人が何かやりたい気持ちも分かるので、ブログをオススメしました。

結論から言うと、ブログは家に居ながら生産性を保ち、顧客との繋がりを有利に保てます。



ではどうやって、何を発信していけば良いでしょうか??




ブログでお客様に近況報告&美容師としての遠隔アドバイスを


まずは第一に、指名のお客様はママさん美容師が産休に入って子育て奮闘してるのを応援してくれてます。


お店で近況が聞けない分『どーなったかな?私もあんな事あったな...』と気にかけてくれていますので、それを報告するだけでも顧客との関係性を継続できます。


サロンでお客様とお話しをするように、今日あった出来事をブログで発信するだけでも、お客様はその美容師のある意味ファンなので、見ていて嬉しいものです。




それに加えて、『さすが美容師さん!』と思ってもらえる情報もしっかり発信する。

普段のヘアケアや、例えばアレンジ、店販商品の紹介。またはスキンケアやメイク、ファッション。
子育てでめちゃくちゃ忙しくても、今まで自分が蓄えた『美容師としての知識』を少しずつでもブログに綴るだけで、お客様にとって有益な情報になります。



ちなみに僕の奥さんも美容師です。

日頃から顧客に情報を流し続けているので、
LINE@で商品情報を流すだけで店販が売れてるそうです。

先日¥35,000の化粧品セットが、LINE@配信当日に即日3セット売れた!と喜んでいました。



家に居ながらLINE@で¥105,000の売上。
その後もサロンでお客様に直接販売もできているらしいです。


このように美容師はサロンに居ない間でも、十分に生産性を保つ事ができるんですね。




スキマ時間を活用するのは、職場でも家でも条件は同じ



すみません...僕はママさん美容師じゃないので偉そうな事言えませんが、笑
自分の奥さんが実際にやってる事を題材に提案します。



ブログを書くには必ず『時間の確保』が必要です。
これは普段の生活の中で、あえて捻出しないと確保できない時間です。


1記事書くのに15分くらいの人もいれば、1時間2時間かかる人もいるかと思います。

長く時間がかかればかかる程、1日のうちに確保できる時間が取りづらくなるのは当たり前ですが、意外と、

無意識にスマホさわってる無駄な時間ってゆーのは誰しもがあります。


これはフルで働いていようと、遅くまでミーティングがあろうと変わりません。
パート勤務だろうと、家で家事や育児があろうとも。


だからまずその『無駄にスマホをさわってる時間』をブログ執筆にあてる時間へとシフトさせます。


とにかく完成させる事を目標に!10分20分で書ける内容で構いません。


長く続けるコツは、1つのブログに時間をかけすぎない事です。
その日確保できた時間で、書ける範囲で書き続ける。そうすれば、おなじ20分でも段々と内容の濃いブログが書けるようになってきます。

初めからクオリティの高いものを目指さずに、とにかく書き上げる、更新し続ける事を目標にしましょう。



コツコツ続ければ復帰後もさらにレベルアップしてサロンに帰ってこれる



ブログさえ発信し続けていれば、半年1年のお客様とのブランクは一切感じさせず、仕事に復帰できます。


なんなら更に発信力に磨きがかかって、よりお客様との繋がりや関係性を強固なものにできるでしょう。



最後に。


美容師は髪を切るだけが仕事ではありません。髪を切った先の〝お客様のライフスタイルをプロデュースする仕事〟だと思えば、サロン内だけで収まらず仕事ができます。


ママさん美容師でも、
休んでる間にちゃんと美容師をしていたい!
お客様との繋がりをしっかり保ちたい!
スキマ時間をつかって何かやりたい!
って人は、ぜひブログを書きましょう。


サポートが必要なら、いつでも僕にご相談くださいね〜

0コメント

  • 1000 / 1000