美容師はブログ発信をカットと同じくらい練習してほしい



自分の中で考えてることを文章に起こしてブログで発信するっていうのは、とても自分の学びになる事を皆に体験してほしい。


俗に言う〝アウトプット〟なんですが、これが出来ないと人はどれだけ勉強しても完全に身にはならないんです。


インとアウトは常に1セット


例えば本で読んだ知識を、自分なりにまとめてブログで書いてみる。
もしくは人にまとめて話をしてみる。


そうすると、自分1人で考えていた内容よりももっと深い部分に気づく事ができたり、改めて考えが整理されて、新しい理解を得ることができる。



美容師の技術レッスンもそう。
新しく技術を勉強して、できるようになって、人に教えるアウトプットをして初めて自分の身になる。


人に教える事ができない技術は、まだまだ自分の身になってはいない。


だから必ずインとアウトをセットで考えて行かないと、意味がないんですね。


勉強してもすぐ忘れる人は



これもアウトプットをしていないのが原因。

人に話す、教える、発信することをしていないと自分の考えとして定着しないので、勉強した内容が〝人の知識のまま〟消化できていない。

消化できてないので、そのまま排出されてしまう。

だから人から何かいい話を聞いたり、教えて貰ったりしたことは必ず自分の〝ログ(記録)〟として残しておきましょう。



美容師のブログの目的



よく集客目的で制限して考えてしまう事が多いかもしれませんが、実はどんどん人間性を出しても良い発信だと思います。


ブログを書く〝目的〟としてはもちろんお客様(もしくは求人)に向けてなんですが、美容師が売るのは本来技術メニューだけではなく『自分自身』である事も意識してほしい。



要はお客様が美容師のブログを読むときって、入り口は『髪の悩み』や『ヘアデザイン』であっても、必ずその裏では『人間性』を見ています。


なので情報としてはカテゴリーで『美容』と『それ以外』で分けてもいいし、発信する内容に制限はいらないと思う。
(誰に向けて届けたいか?は重要)


発信は美容師にとって練習です。
カットやカラーと同じウエイトで練習をしていかないと上手くなりません。


お客様のため、自分の成長のために、どんどん発信をする習慣をつけていきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000