【教育イノベーション】ライブ配信セミナーの構想を練ってます


今日は朝からせっせと稟議書を書いておりました。

稟議書は、稟議を行うための文書である。 稟議とは、会社・官庁などの組織において、会議の開催により消費する時間を減らすため、担当者が簡易案件を作成して関係者に回し、それぞれに同意のための捺印と承認を求めることをいう。 原則として、組織の活動における意思決定は会議による合議制で行われる。
稟議書 - Wikipedia

会社決済したい事項に対して、承認してもらうための書類です。


僕が最近構想を練り続けて、ついに動き出す新プロジェクトのための稟議...それは


ライブ配信教育セミナーをしたい



絶対にやりたい!


これで会社の...もといアルテサロンホールディングスの教育イノベーションが起こる!!
僕はそう確信しています。
その為にカメラや機器をめちゃくちゃ調べましたよ...
この機器を揃えて、社内教育スピードのイノベーションを起こしますよ!!



従来の美容師教育は、
お店での営業があるために、①時間②距離③金銭面④平等さ  で大きな壁がありました。


まずセミナー会場に向かうまでに皆、お店や住んでる場所が違うので、予約を切る時間や交通費にも不平等さが生じます。


そのせいでセミナーに人が集まりにくかったり、体力的、金銭的、さらには精神的にもデメリットが沢山ありました。


それが一気に解消できるのが『ライブ配信セミナー』なんです!




僕がこれからやろうとしているライブ配信セミナーの概要はこんな感じです。



  • お客様予約を無駄に早く切ることなくセミナーを受けられる
  • 交通費が無くなる
  • 遠方でも関係なく受講できる
  • 家でもスマホで受講できる
  • 結果的に受講者が増える


目の前で受ける講習とはもちろん違いはありますが、今やほとんどの若い世代がYouTubeで技術や知識を身につけている時代。
全く否定する余地がありません。


自分の好きな場所、好きな時間に学ぶことができる世の中の流れで、
なぜか美容師だけが未だに毎回一箇所に集まるデメリットたるや半端じゃない。


これが出来るようになれば美容師の教育スピードは劇的に早くなり、より多くの情報(教育)を受け取ることができる!


むしろこれが無ければ、今の教育システムでは衰退していくしかないように思います。


更に僕が考えているやり方でライブ配信セミナーをすると、こんな事もできます



  • ライブ配信中にチャットで質問できる
  • 高画質で配信できる
  • セミナー中に別の動画を流せる
  • jpegやPDF資料も写しながら配信できる
  • セミナー後もデータ配信できる
  • 受講者をグループ分けできる
  • 別会社、別事業部も受けられる
  • その他会議にも使える


たぶん、やり始めると発信者側のクオリティも上がってきますし、受講者側のリテラシーもドンドン上がると思います。


新しいことに挑戦しまくって、テクノロジーによる効率化をもっとしていかないと、いけませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000