【売れる美容師育成】技術×マーケティング教育の必要性


本日も梅田でオンライン講習!


しかも今日集めてるメンバーは全員女子...



僕が毎回集めるこの講習はコンセプトと目的を決めてるので、ただ技術を勉強するだけではなくて『どうやって武器にするか?』までを考え、実行させる事を主としています。


教育と売り方は連動しないと意味がない



ひたすら黙々と技術レッスンをする人はとても偉いと思うんですが、それが売上につながらないものであれば全く意味がありませんよね。


もし技術レッスンをしても売れない人がいるなら僕に一言声をかけてほしい!

なぜなら技術レッスンにも〝マーケティング思考〟が必要だからです。


マーケティング思考を少し取り入れるだけで、無駄な努力をせずダイレクトに売上につなげる練習ができるようになります。


だから常に売り方を考えて教育を考えないと、ただ美容師が疲弊するだけで終わってしまう恐れがありますね。

それじゃぁ可哀想すぎます...



マーケティング思考を取り入れた教育とは?



教育もマーケティングの一部なので〝取り入れる〟というのも少しおかしいですが、

美容師の『技術教育』というのは他の業種、例えば小売業でいうなら『商品開発』に近いのではないでしょうか?


実際のサロンワークが『製造』と『販売』を行なっているので、まさに〝売れる商品を開発する段階〟だと僕は捉えてます。


製造や販売がお店に任されていて自由度が高い分、その商品をしっかりと舵取りしないと売れるものも売れません。


ですので、

『売れるべく商品を売れるように仕掛ける』というのが本当の教育なんだと思います。




マーケティングを主に教育を考えれば、今までの美容師の〝当たり前〟が覆る




今までの美容師が当たり前だと考えていた教育の順番やスピード、内容や時間の概念が、
どんどん時代と共に変化しつつあります。


『教育すること』を目的にしてる美容室と、
『売れること』を目的にしてる美容室とでは、美容師の育ち方が全く違います。



顧客の属性と、今の美容師の属性に合わせて教育とマーケティングを上手く連動させているお店が、いま巷で名前をあげてる美容室である事に気づいていますでしょうか?



必要なのはスピード感と効率化



美容師の既存の教育に無駄が多い1番の理由はスピード感と効率化。

これを重視しないと上手くマーケティングと連動しないと思います。


いま美容師が売れるには何がピンポイントで必要か?を考えると、圧倒的にスピード感が足りないのが致命的になるんです。


その解決策の一部として僕は積極的にオンライン講習を推進して活用していきます。

オンラインにする事で効率化され、その浮いた時間で更に『マーケティング教育』を行う。

これが僕の考えるこれからの美容師教育です。

0コメント

  • 1000 / 1000