SEO対策【ブログの書き方】マニュアルで教育する方法とメリット


美容師ってデビューする前にブログを書くレッスンをする機会が少ないんですよね。


スタイリストになってからその必要性に駆られて、慌ててブログを書いたりし出す事が多いんですけど、


そもそもレッスンしてないモノを最初から上手くやろうなんて無理...ってなっちゃいます。


会社の教育カリキュラムとして本腰入れて取り入れて行くべき項目なんですよね。


技術と接客と発信は『美容師に必要な技術』



カットやカラーや接客ばかり練習をしても、それを外に向けて発信する技術がないと、よその美容師さんに完全に負けてしまいます。


ブログやインスタ等の発信教育の重要性はわかっていても、中々〝教育として〟取り入れられないのは何故なんでしょうか?



発信教育を感覚ではなく『マニュアル』で行う



本デビュー前のスタイリストはもちろん、全員に向けてある程度の『マニュアル』を作って講習をしています。


  • ターゲット選定
  • 内容の企画性
  • 全体の構成
  • キーワード選定
  • SEOテクニック
  • 画像の作り方

これらは『教えたくても教えられない教育』かもしれません。


一部のマニアックな美容師さんはSEOかけまくったワードプレスでガンガン記事を書く事があっても、

アシスタント期に会社の教育レベルでここまで落とし込む美容院はまだないのでは?




現場の仕事に合わせたリアルなライティング技術



いくらアフィリエイトやブロガーの本やnoteを読んでも、載っていない情報。


それは、

美容師の現場仕事に直結した情報量と、それを活かしたSEO知識の活用法。



いま売れているメニューや商品はもちろん、そのマーケティング方法と連動したライティング技術。

ここを重視するのは決して広告収入ではなくて〝リアル店舗に来ていただく事〟を目標としてるからです。



これによりデビュー前のギラギラしたスタッフたちは、普通では習えない『ライティング技術』を勉強し、たくさんのお客様に価値を提供します。


お客様の悩みに沿ってコンテンツを作り、お客様と信頼を築ける力をつける



SEOテクニックを勉強することで、
『お客様の悩みを知る』『お客様にわかりやすい解決法を考える』という力がつきます。


適切なキーワードを調べることが、お客様と美容師のズレを修正することができるからです。


このように、デビュー前にしっかりとブログライティングの技術を学んで、発信に強い美容師がたくさん育ってくれると嬉しいです。

0コメント

  • 1000 / 1000