はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

進化し続ける技術

昔ながらの味を貫く飲食店。


『創業から、変わらない味』とか


『〇〇の元祖!』など。


中には『創業当時の秘伝のタレを、継ぎ足しながら今も使用しています』というのを売りにしているお店まである。


果たしてそれは本当に良いことなのだろうか?



よく、『昔ながらの味』とか『伝統の味』とかいうのを大事にしている飲食店をよく目にする。


 その中で、『◯◯の元祖』とか『◯◯を1番最初に作ったのはココ』とかいう店がある。


   何十年も変わらない味って・・・

それって、本当に魅力的に感じる??


 伝統の◯◯というのは、まぁそれだけ価値があって、


守っていかないといけないのは理解できる。


 けど僕は、 昔から更新されていない技術に何の魅力も感じない。


 時代に合わせて進化し続けているからこそ、

 努力があり、価値があり、そこにお客さんが感動する。




 長年、担当をさせて頂いてる年配のお客様は 


はっきり言ってウン十年も同じ髪型をされている人もいる。


 しかしそのウン十年の中で、 お客様の髪質が変わり、量が変わり、


同じ髪型をつくる条件は全く同じではなくなる。


 その違う条件の中で上手い職人は、 同じ髪型を作り続けることができる。


 それは確実に〝進化する技術〟だ。



 さらに言うと、 厳密に言えば

ウン十年も同じ髪型なんて、誰も求めてない。


 どれだけそのお客様に似合っていて、お気に入りで、手入れがラクだったとしても


 人の好みは多少なりとも変化は絶対していくし、 


(たるんだ顔に若い頃の髪型は似合わないし笑)


 何よりライフスタイルが変わることで 手入れのラクさなんかは絶対、


変えていかないと得られない。 


 だから常に、そのお客様の好みのテイストやライフスタイルを理解した上での〝進化〟が必要。


 『いつもと同じで』 なんてお客様が言っても、 


 『わかりました♪』 と笑顔で返すのはいいが、


 上手な美容師さんは確実に、


 そのお客様のことを本当に良く観察して、質問して、髪の状態を把握している。 


そうして、その状態にベストな髪型を微妙に〝進化〟させ、提供する。 


 それこそがプロと呼べるのではないか。









 TVで宣伝する飲食店の中で、 僕がいま述べたような内容を主張するラーメン屋さんを、1度だけ観たことがあります。


 40年続くそのラーメン屋さんは、 創業した当初から通い続ける多くのファンもいるそうだ。


 でもそのお店の店主は 『時代に合わせた味』を常に追求していて、


 昔ながらのベーシックな『しょうゆラーメン』を進化させている。


 その進化が常にお客様を感動させ続けている。 


 なんて素晴らしいんでしょう!



 そして今やコンビニ業界日本一のセブンイレブン。


 ここも、その〝進化〟を追求し続けるポリシーを持っているそう


 超売れ筋のオリジナル商品のひとつ、『金の食パン』


みなさん食べたことありますか??


めっちゃ美味しいですよ。


 常に高い人気をキープするため、 今も年に何回もの改良をし続けているそうです。


売れ筋にも関わらず、消費者に気づかれもしないレベルで


ちょっとずつ、改良を重ね続ける。


 常にこの精神は忘れてはいけないですね。

0コメント

  • 1000 / 1000