はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

このドアの先は何があるんですか?って聞く前に開けてみよう

『このドアの先は何があるんですか』

と開ける前に質問してしまうことがある。

僕は人にこの質問をする事を止めてから、大きく成長を実感することができた。
結構、コレが難しいと感じる人が多いので、とりあえずそんな人たちに伝えたい。



次のステージに進む道であったり、
挑戦してみる施策であったり、
もしくは新しく始めてみる仕事であったり...


これらの仕事は、先に先輩や上司から指示されて動くモノも多い。



『コレをやってみよう!』



そう言われてすぐに動く、そのドアを開けて先に動いてみる事が出来る人が、成長スピードが早い。

不安はあるかもしれないけど、自分の前を走る人からそう言われるという事は、既に得られる結果や成果がほぼ想像できてるというコト。信じて動いてみよう。


だけどそこにビビって、石橋を叩いて渡るように先に全く進めない人ほど、大損をするように世の中できている。


求められる結果は完璧さよりもスピード感なんです。



慎重派が重宝されたのはひと昔前の日本の文化


今は積極的にいろんなドアを開けまくって先に進める人が、その組織を動かすリーダーたる要素が強い。


情報が目まぐるしく飛び交う世の中で、その真偽を見極めるスピード感はもちろん、突破する行動力がある人だけが、ファーストペンギンになれるんですね。


昔は今と比べて情報を手に入れる術が少なく、小さな情報でも人伝てに聞かないと得られない世の中でした。


でも今はどうか??


ちょっと手を伸ばせばいくらでも情報が手に入り、会いたい人に会えるチャンスが格段に増え、すべては自分の行動次第で掴める選択肢がものすごく多い。


皆、次々とドアを開けて先に進んでいくのを横目に、いざ自分の目の前にあるドアを開けようとせずに


『これ、開けた先って何があるんですかね?』


なんて言ってちゃあまりにも遅すぎる。


失敗を恐れすぎたら何もできない



自分は失敗をしたくない!
できれば失敗をしない道を通った方が賢いんだー!


そう思っていた時期が僕にもありましたが、変に知識を付けて頭でっかちな人ほど、行動せずにモノゴトをそう判断しがち。


想定できる失敗をする必要はないけど、
想定してない失敗は大きな学びを得られます。

求められるのは完璧さよりもスピード感。

失敗を恐れないでまずドアを開けまくって、次のステージにどんどん挑戦していける自分でいよう。



0コメント

  • 1000 / 1000