はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

美容室の集客はまずインセンティブをハッキリと打ち出す!

『インセンティブ』って言葉を聞いたことはあるでしょうか?


人に動いてもらう時に与える刺激とか、ご褒美とか、何か〝動こうとする要因〟になるものの事を、インセンティブと言います。


(単純に英語でincentiveの意味は動機とか刺激って意味らしいです)


僕は美容室の集客においても、お客様へのインセンティブを仕掛けることが必要だと考えています。



お客様が美容室に来ようと思う動機付けって何??



お客様が数ある美容室の中からあなたの美容室を選ぶ『動機』は何なんでしょう?


値段や立地、メニュー、クチコミ、色々あると思うんですが、実はどれもお客様の心を大きく揺さぶる要因にはならないと思います。


何故なら、どこの美容室もそれらの条件に大して差がないからです。

そしてそれは、お客様1人1人にとって具体的なインセンティブをもたらせてない事が問題。


つまり、


『私(個人)にとってどんなインセンティブがあるの?』という思いの答えを明確にすれば、他店との差別化が可能なんですね。


もっと言えば、

『私(個人)があなたの店を選んでどんなメリットがあるの?』

という意見の答えをハッキリさせる事です。



髪を綺麗にします、技術頑張ってますは当たり前すぎてピンと来ない




これだけ情報も選択肢も多い時代に、1つを選んでもらうには『個のインセンティブ』を明確に打ち出す必要があります。


誰に、何を、どうしてあげたいのか?


がハッキリしてないと、お客様はそれを感じる事が出来ません。


昔は美容室に行って髪の毛を切って染めてもらう事自体がお客様にとってのインセンティブとしては十分だったものが、今はそれが当たり前になっています。


切ってもらう事は目的であって、その目的を〝あなたの店で達成したい〟と思える動機・刺激を欲しているんです。




小難しい話になってきましたが、笑
それを仕掛けるのがマーケターの仕事。


着々とPDCAを繰り返して、またその答えもいくつか出ている段階の物もありますが、

それはまた別の機会に...





0コメント

  • 1000 / 1000