はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

それぞれのエキスパート


【自分の得意を、組織の得意へ】


得意なことは自分が好きなことなので、

“練習”という感覚もなく、自然と上達していけるものです。


“練習”という言葉を忘れるくらい、

何かに没頭した結果。

いつの間にか

興味あるもの→得意なもの

へと変化していきます。



その得意なものを、個人レベルでなく

組織に役に立つレベルまで引き上げるには

そのもの自体に没頭するだけでは難しい。


そこで必要になるポイントは、

その得意が誰かの役にたてないか?という考えが必要だと思います。

動機が誰かのためでなく、

自分の好きな物ではじまったものに対してそう考えるのは

難しいところなんですよね(>_<)


けど、

なぜ組織が必要なんでしょうか。。。

一人の力で売り上げが上がれば

それでもいいような気がしますが。。。



【窃盗団は一人では無理】


めっちゃ極端な言い方ですよね。笑

けどイメージしやすいと思います。


例えば美術館に忍び込んで

価値のある絵画を盗もうとするとします。

それをを行うには、

それぞれの分野のエキスパートが必要なんですね。

綿密な計画と、チームワーク。

そして何よりも

一人一人の技術力の高さ。笑


しかし一人で目的を達成することは難しい。

だからそれぞれのエキスパートが手を組む。




逆を言えば、


エキスパートにならなければ
窃盗団にも誘ってもらえないんです( ;∀;)



ルパン三世がいい例ですよね。

それぞれが十分すぎる技術を持っているにも関わらず

それぞれを補いながら自分ができる最大限のパフォーマンスをする。


ルパン一人だけでは、

より大きな獲物を狙うのはきっと難しいんですよね。




【まずマンパワーを上げる】


美容師でも同じことが言えるのではないでしょうか。

マンパワーで売り上げを上げる。

これを追及するのは、もちろん大前提だと思います。


でも

それぞれの分野でマンパワーを上げる

という発想はどうでしょうか??


単純に指名売り上げを爆発的に上げれるのは、ルパンです。


ルパン級を目指そうと思ったら、

自分には無理だ。。。

となってしまう人もいるでしょう。

しかし、



次元と五エ門と不二子ちゃんもいるじゃない(´・ω・`)



同じマンパワーでも、

他の分野でエキスパートになれる分野を確立すればいい。

きっとそこに自分の“得意”があるはず。



そう思うと、これからの美容室づくりはスゴク面白くなると思うんです。

ひとりに全てが求められる重圧を無駄に感じるよりも、

きっとそのほうが楽しく、

プラスに考えられる。


だから、

ルパンの組織に誘ってもらえるエキスパートにならなければいけない。



僕はそう思うんです。


ワンピースのルフィだって、

仲間意識はめっちゃ強いかもしれないけど、

ちゃんとそれぞれのエキスパートを集めてますよね。





中途半端なひと、

誘ってないですよね。笑






まだまだ勉強中の身。

エキスパートには程遠いですが、


僕は美容師を約10年経験したからこそ

美容師さんがそれぞれのパフォーマンスを最大限に発揮する

というものにすごく夢と憧れを感じています。


その大変さも知っているし

楽しさも理解しているつもりです。



みんながエキスパートを目指し、

それぞれがお互いを必要とする、役に立つ。




そんな組織をつくっていきたいなって思うんです。



0コメント

  • 1000 / 1000