はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

話の面白い人

パワーのある人っていますよね。



単純に力が強いとかではなくて、


一緒にいて元気をもらえる人。

周りを巻き込むのが上手な人。

行動力がある人。



こんな人が近くにいると、

色々と観察してしまうのが僕のクセです。笑

自分にはない魅力がたくさんあるので

憧れを感じてしまうからでしょうね。



ではパワーのある人って、どんな習慣があるんでしょうか?





【吸収力がハンパじゃない】


新しいものや、自分の興味のあるもの、良いと思ったものの

吸収力がすごい。



パワーのない人からすれば、

そこに労力を感じてしまうので

実際行動に移せないことをやってしまうのが

スゴイって感じるところなのかもしれません。



吸収力の原動力は、きっと“興味”ではないでしょうか?

逆に吸収力のない人は、ドライです。



いろんなものに興味を持つから、視野が広がり、

吸収していくことができるんだと思います。





【面白い人=吸収力】


一緒に話をしていて、

『このひと、面白いな!!』

って思える人は、

話をしていてどんどん吸収する人です。



話をどんどん吸収する人は、

そこから新しい話を展開していくのが上手いです。



決して持論を語るんではないです。



話をふった相手が思いもよらない、新しい発想を

パズルのピースをもってくるかのように埋めていく。

そんな人と話をすると、

『面白い!』と感じるのではないでしょうか?



相手の話を吸収する器をもっているって事ですね。




お客様でも一緒です。

お客様に『この美容師さん面白い』って思ってもらうためには

お客様の話す内容を、吸収する必要があります。





お客様『こんな事があったんですよ〜』

美容師『そうそう、私も同じことがあったんですよ。こないだね、ペラペラ。。。』


お客様(+_+;)



井戸端会議か!!ってなるでしょ。





おばちゃんが井戸端会議を楽しめるのは

自分が話をするから、

喋って満足してるんです。


お互いが発散する時間を上手に分け合い、

相手の話から面白さは求めていません。



だから私たち美容師も、

お客様が聞き上手だからって勘違いしてしまう時があるので

気を付けないといけませんよね(>_<)




【吸収力=器の大きさ】


相手の話を吸収できるというのは、

器が大きいのだと思います。


エネルギーをたくさん放出するのではなくて、
エネルギーをたくさん吸収できる”器をもてばいい”と思ってます。



器が小さければ相手の話も吸収できず、

すぐ自分の話へもっていこうとします。


だから相手は面白くないんです。



フリーの会話力が求められる私たち美容師は

話を吸収する器を大きくしていく努力

常にしていかないとなぁー






0コメント

  • 1000 / 1000