はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

数字が好きな会社で数字が苦手な僕が成長したのを思い出した

先日あるミーティングで、


NYNYは何でもかんでも『数値化』するのが好っきゃなぁ〜



みたいな事を、ある女性がミーティングで発言されたので


『うん!たしかに!』


って思った僕は、


NYNYに入って仕事する前は全然、


数字というものに触れてこなかった事を思い出した。



NYNYに入ってから色々と『数字』や『データ』が少しだけ好きになって、笑


今はその部分で話をする事が多くなった。



とは言え、


数値化できない『スタッフの気持ち』の部分を見ないとね!



ってゆーのは大前提ではある。


これはちょうど先日のブログでも書いたところ。




でも、



数値化できないものを数値化できたら、


もっと今より人の気持ちを知れますよね。






数字って共通の〝ものさし〟みたいな物やから、


誰が見ても価値観(基準)を統一できるし、


何より比較がしやすい。



良くも悪くも、


〝気持ちの部分だけ〟で物事を決めようとすると、


どうしても私情が邪魔してしまう。



数字を見せられると客観的に自分を見れるメリットが大きい!




自分を客観的に見るのが怖い人は、数字を見るのが嫌なのかもしれません...笑



数字って人を成長させるツールでもあるんだなーって、改めて気づきました。


算数数学が苦手でも、


数字が全然覚えられなくても、


数字から人(自分)を知ることは可能。



あとは人それぞれのリテラシー次第なのかなって僕は思ってます。

0コメント

  • 1000 / 1000