はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

【ダブル店長】役割を分けて成果を最大化させる店舗の在り方

NYNYでは各店舗に2人の店長をおいている。

従来の店長の役割に加え、〝プロデューサー〟というweb販促や分析の業務を専任する店長を2018年から追加。


主に岩田がやってるようなGoogle Analyticsを使った分析や、大きくいえば動員活動、集客です。


店長、プロデューサーと2人のTOPで運営していく中で、年齢・キャリアも別々のスタッフがそれぞれの役職についているので
ぶっちゃけまだまだ力の関係がある店舗がほとんど。


だけどお互いに上手く協力して、それぞれの役割を全うしながら、お店の売上を上げてきている店舗も増えてきました。

先日のNYNY店長会議。

この会議では、店長が毎回順番で、各店舗の持ち味を活かした成果のプレゼンを行なっています。

今回のプレゼンはMOMOテラス店 上原店長の『プロデューサーとの関係性〜ダブル店長制をうまく活用する〜』というもの。
共に若い店長とプロデューサーながら、お互いの役割をうまく活用して成果を上げ続けている店舗。

2人の信頼性もめちゃくちゃ高いです。



店長とプロデューサーは、業務はもちろん会議や報告事項も別々なので、お互いに密なコミュニケーションが求められます。


結局は2人ともお店の管理者なので、店舗施策や戦略をスタッフに落とし込んで、みんなで動いていかないといけない

これは以前までの『副店長』といういわゆる〝2番手〟とは明らかに違う部分です。



特にプロデューサーは、パソコンをカタカタやる業務が多いので、通常ならまわりのスタッフからは〝何をしてるかわからない仕事〟として捉えられやすいので、お互いのフォローが必要なんですね。


1人でやれない事を皆で協力してやる。

圧倒的なリーダー感をもった管理者が1人いる店舗と、そうでない店舗。
数が多くなればなるほど、絶対的なリーダーの所在も変わってくると思います。

お店の中でそれぞれが責任をもって、助け合える店舗。そんな形でどんどん売上を上げていく店舗も、こらから増えていくといいですね。

0コメント

  • 1000 / 1000