はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

美容師が売っているのは技術じゃなくて、その先の物語やと思うねんな

美容院て、お客様をカットやカラーをしてお金をもらっていると思いきや、実は違うと思うんですよね。



技術を提供しているのはもちろんなんですが、お客様って〝美容院という空間〟を楽しんで来られる方もたくさんいますよね。


気の知れた美容師とお話をしたり、
オシャレなお店でゆっくりとしたり。


でもそのお客様がお金を払う目的って、
ホントはその〝先〟にあります。


美容院に行く前のワクワク感から始まって、美容院に行った後の気持ちの高揚まで全部。


髪型を変えて『かわいいね!』とか『髪型、素敵だね!』とか

周りに褒められる体験までが美容院のサービスなんだと思います。



だからボクたち美容師って、

〝カットを売ってるのではなくてカットした結果を売っている〟


と言った方がいいのかも。




ボクは本部の人間でマーケターなので、

モノが売れるように仕掛けるお仕事をしています。


売り方を考える時に絶対に頭にあるのは常に

『ストーリーサジェスト』


(※↑岩田が勝手につけた名前ですので、検索しても出てきませんww)

これは、

〝お客様にストーリー(物語)をオススメ(販売)する〟という意味です。



例えば、


●この髪型にしたら、こんな明日が待っていますよ


これは明日の自分の物語をサジェストしています。



●今回まえがみ切ったの、カレシさんは気づいてくれますかね^ ^


髪を切った先にカレシが気付くか、気づかないかの物語をサジェストしています。



●このシャンプーとトリートメントを使った次の日の朝、髪の毛の収まりが全っ然違うのに気付くはずです。鏡の前できっとびっくりしますよ!



収まりが違いますよ!とただ説明するよりも更に、シチュエーションを具体的に想像させて、その物語をサジェストします。





お客様は美容院にただ髪を切りに来てるのではありません。


その先のストーリーに期待して、お金を払っているんです。



美容師はサロンの中だけで仕事をしている感覚に陥りがちですが、


実はお客様が帰った後もずっとサービスの価値が続いている、素敵なお仕事なんですね。



だから誇りを持ってサービスを提供するために、もっともっと〝お客様が喜んでくれる〟努力をしていきたいですね。






0コメント

  • 1000 / 1000