【勝ちの法則】先に発信した人が周りに支持され更に洗練されていく

実は個々でこだわってやってる仕事をあえて『私はこんな事やってまーす!!』と声を大きく言える人が、勝てる世の中になっています。


誰かのお話や、ブログや、SNSを見ていて
『これを◯◯するのが俺流なんだぜ(`・ω・´)キリッ!』
みたいな発信を見たとき、
『あー!こんなこと私だって普段から当たり前にやってる事だし!!』
って思ったことないですか??


これは単純に〝発信した者勝ち〟なので、後から発信力のない人がいくら何を言おうと、世間や周りの人達からは残念ながら認知されません...。


発信力のない人はいつでも後発で終わる



例えば今インスタなどでめちゃくちゃ流行ってる髪型があったとします。

これらの写真をみて若い子たちが
『このスタイルかっけー!すごい!』
とワイワイ騒いでいるとします。


ここでインスタをほぼ動かしてもない中年スタイリストが、
『おーおー。あんなスタイルぐらい俺も切れるよ。数年前からやってるしー!』
といくら主張したところで、誰も興味を持ってくれません。


そしてそのスタイルを切ってみた所で、インスタを普段から見まくって目の肥えている若手たちからすると〝何か違う感〟がモロに出てしまい、気まずい雰囲気が流れます。


結局、発信の仕方を知らない人はいつでも後発組だと認識され、いくら完璧にできても損をするのです。


小さな事でも新しい発想で上手く主張する人だけが支持される



自分がプライドを持っている仕事の流儀や考えてる事などは、どんどん発信をした方がいい。


『この程度の事、誰でもやってるだろうから...』とハイパー謙虚な控え目さんでいると、どんどん発信をしている人に負け続けます。


自信を持って『私はこんな考えで仕事してるんです!!』と主張してみましょう。


意外と周りからは共感を貰えたり、新しい発想であったりする事が沢山あります。

そして、その情報や考え方もすでに誰かが同じような事を言ってたりもします。

でもその言葉の届き方はホントに人それぞれであって、いくら有名なインフルエンサーが言った発言でも、1番身近な尊敬する人の言葉の方がスッと入ってくる事だって沢山あるんじゃないでしょうか。


人は同じ考え方であっても、発信する人によって受け取り方が変わる不思議な習性があります。これが理屈では語れない〝気持ちの部分〟なんだと思います。




何も発信をしない人の考えは、人に影響力を与えない



とは言えいくら自分の中で洗練した考え方や技術であったとしても、今の時代ネットを使って外に発信をしない(できない?)モノは、残念ながら周りの人に影響力を持たれない事が多い。


発信していない考え方や技術は、

あくまで主観で判断した価値観で終わってしまっているんです。



発信の無い自己主張は、フィードバックを得られる事もなく、それ以上の成長や発展を生む事が絶対にありません。


まずは身近な人に話をするだけでもいいので、とにかく動いてみる事をおすすめします。

0コメント

  • 1000 / 1000