デジタル住民岩田の田舎訪問②

さて田舎生活2日目です。

新潟県の山奥、10人ほどしか居ない村に住む祖母に会いにきてるわけですが

今年82才になる祖母は数ヶ月に一度、町まで降りてパーマとカットをしているそうです。
村には民家しかなく、散髪屋さんにはおろか、お店というお店が1軒もないので、
一日3本くらいしか出ていないバスで小1時間ほどかけて町にでます。


ネット予約も、電話番号も知らない美容室に通っているという祖母。予約はしないそうです。


祖母は決まったお店へ行くそうですが、例えば新しいお店に行くことになったとしたら、この村の人たちはどうやって美容室を探すのか...


ネット関連は当たり前だとしても、チラシもリーフも看板も全て通じないし、頼りになるのはクチコミくらいか...


やはり美容室の集客はクチコミによる紹介がベース



ネットに頼らない美容室や美容師さんは、だいたい紹介で新規のお客様を呼んでいますよね。

それができるのがあくまで理想ではありますが、中々難しい。


そのやり方ではどうしてもマンパワーに依存してしまうし、ひと月に呼べる人数や、教育として体系化していくには限界があります。


ただ組織としてシステムで用意できるネット予約は、あくまでツールであると考えるなら、

〝美容室を知る〟とか〝美容室に興味をもつ〟というフックになるのは、やはりクチコミ(≒紹介)が1番信用性があります。



友達の◯◯さんから聞いた美容室→検索(スマホ、チラシ、店頭)→予約

の流れをどのように仕掛けるか??


今の現状は、検索のフックが〝自発的なもの〟にしか対応をしていません。

つまり『悩みを検索する』か『クーポンサイトを探す』か。


でもこれが〝他人からの誘導〟による検索のフックになれば...

という事は、

お客様が話題にしやすい仕掛けをいかに作れるか?がクチコミを促すキーになりますね。



これから選ばれる美容室に必要なヒントが沢山みつかりそうです。




...と、田舎すぎて何もする事がないので色々と考えて過ごしてます。笑


田舎は商売が難しそーだなー

やっぱり人口が多いところが商売はやりやすい。


さて明日、都会へ帰ります。

0コメント

  • 1000 / 1000