はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

美容師が必要な『プレゼン力』はどう役立つのか?

パワポやキーノートなどでプレゼンテーションを作ったことはありますか??


美容師には〝プレゼン力〟って大事だなーと思ってます。


何故プレゼンが美容師に必要か



プレゼンテーションとは、相手になにか情報を提示して、理解&納得してもらう行為のことです。


よくビジネスマンが会議で企画をプレゼンしてるイメージってありますよね。


美容師やってても、講習会などでよく見る事があると思います。


あのプレゼンテーションが何故、美容師に必要なのか??


それは、

プレゼンテーションを勉強することで人にモノを伝えて納得してもらう技術を学べるからです。



お客様に対して、何かメニューアプローチをしたり、スタイルに対してご提案をするとき、商品をオススメするとき...


これは全てプレゼンテーションです。



『この人に勧められたら、納得してしまう』
『なぜかこの人に言われたものは、欲しくなる』


美容師としてトーク力は大事なのは言うまでもないですが、これを磨くのって結構難しかったりしますよね。


なので、プレゼンテーションをしっかり勉強するとまず頭の中がキチンと整理されて、どのようにお客様に商品やメニューをオススメすればいいか?が分かるようになります。


NYNYではスタイリスト本デビュー前後のスタッフたちに、この『プレゼンテーションを勉強する機会』を作りました。


まずこのプレゼンテーションの機会を作ることで、似合わせはもちろん、デザインに関するより深い知識を勉強するようになります。


それと同時に、人にモノを伝えられるトーク技術も学んでもらいます。


多くの美容室ではこれを教育として導入してる所は少なく、あまり重要視していないと聞くんですが、

パワポの1つくらい、スマホでサクッと作ってプレゼンできる美容師は、突破力が身につくと思うんです。



NYNYでも始めてまだ間もないですが、
サロンワークでも発信でも、このプレゼンテーション技術教育はこれからのキーポイントになりそうな予感です。


みなさん頑張りましょー

0コメント

  • 1000 / 1000