はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

MEO対策を早く美容室にも!知らないとヤバイGoogleマイビジネスとお客様のニーズ

店舗型のビジネスをするなら今、絶対に手をつけておかないといけない!と言われているのが『MEO』というものです。


主に飲食店や小売店のもの、と軽視されがちですが、いよいよ美容院を経営する人も『知らないとヤベー!』ってなってきてる段階かと思います。


MEOとは『地図検索エンジンの最適化』



MEOとは、Map Engine Optimizationの略です。


Google Mapってありますよね。

要はあのGoogle Mapの検索で、自分のサイトやホームページが上位に表示されるように対策をすることを、MEOといいます。


ちなみにSEOは、Search Engine Optimizationの略です。



Map(地図)ではなくてSearch(検索)なので、Google検索で上位に表示される対策のことですね。


お客様がスマホで何かを検索して、その言葉に関連するお店がGoogle検索でも、Google Map検索でも上位にあがってくれば、

単純にPVも増えて、お客様が沢山来られる確率が増えます。


逆にGoogle検索でもGoogle Map検索でも上位に上がって来なければ、お客様にお店を知ってもらう事が出来ないので、来る確率は上がりません。



てかGoogle Map検索なんか、誰もしてないんじゃない??



Google検索(いわゆるググると言うやつ)はわかるけど、Google Map検索なんて、する人いるの??と思われるかもしれません。


結論で言うと、めちゃくちゃ検索されてます。



僕が2017年終わり頃にNYNYに設定したGMB(詳しくはこちら)のアクセスデータを見ていると、

MEO対策をキチンと施すことで2018年のアクセスが1.2〜1.6倍くらいになってます。



ちなみに同じように設定をしたチョキペタ(カラーカット専門店)という店舗のアクセスは、

去年と比べて4〜5倍にまでアクセスが増えまくってます。



Map検索といっても、普通にググれば出てくるのをお気づきでしょうか?

試しに今からSafariで『美容院』と検索してまてください。

スマホを持ってる人の現在地を参考にして、近くの美容院がリストアップされるようになってます。


Googleは、あなたにとって1番都合の良い条件の情報を提供しようとしてますので、

いま自分の近くにあるお店の中で〝あなたに1番合うお店〟を紹介しようとします。



スマホには検索履歴だけじゃなく、あなたの性別・おおよその年齢・住んでる地域・趣味嗜好など、色んな情報が入っています。


Googleはそれらを参考にして、1番あなたが求めている(も思われる)情報を、上に表示させようとするんですね。


なのでGoogleからしたら、検索する人の情報はスマホで分かったとしても、

お店側がどんなサービスを提供するお店なのかをもっと知りたい!と考えています。



それをちゃんとGoogleに教えておくのが、SEOやMEOと呼ばれる行為だとも言えますね。


要は、こうゆう事。

お店『Googleさん!うちの美容院は、こんな年齢層の方に、こんなサービスをしているお店なんです!だから、そのターゲットのお客様が○○と検索したときに、1番に紹介してください!』


Google『OK!あなたのお店は○○ね!じゃあ△△の条件の人は、また違うお店を紹介するね!』


こんな感じ。笑

美容師が思ってる以上にお客様はGoogle検索を使っている



美容師は忙しいので、基本インスタを中心にして、使っているアプリに偏りがあるような気がします。笑


ですがお客様は結構、何かとGoogle検索する行為は多いんです。

(ちなみに何かモノを買おうと思って検索をする人が、インスタを使う割合は16%というデータがあります)


特に大人世代はiPhone以外のAndroid端末を持ってる割合も多いので、デフォルトで『Google検索アプリ』が全面に押し出されているし、


年配層に至っては『ググり方教室』や『音声検索講座』なんかも、しょっちゅう地域のコミュニティやTV、新聞まで載っているので、Google検索がさらに一気に普及してきてます。
こうして美容師は意外と、一般のお客様の感覚に追いついていない部分が結構あるので、

ちゃんと勉強しとかないとヤバイなー!ってなるわけです。


この辺に関しては僕のブログの〝Googleカテゴリ〟にまとめてますので、もし興味のある方はこちらをご覧になってください。

0コメント

  • 1000 / 1000