はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

Web接客してます?美容師はもっと『見られている意識』を

昔アシスタント時代に、先輩によく注意されたことがあります。

『フロアでは常に、お客様に見られている意識を持ちなさい』


美容師の指導あるあるです。


今の時代の『見られている意識』は変化している



お客様見られている意識ってどーゆうこと?

美容師はお客様に技術でついてる時は表情もつくるし、カッコつけてナンボです。

美容師としてお客様にプロの接客をしないといけないので、フロアにいる限りはプロに徹しなさいということです。


お店の端っこでダラダラしたり、談笑していたりしたらお客様はどう思う??
ってな感じで、僕はよく先輩に叱られたもんです。




そして今。


あの頃から10数年経ったんですが、その『お客様から見られている意識』の意味が少し変化してきたように思います。


根本的には変わらず、フロアでは美容師は常にプロでいなさい!という考えは絶対必要です。

お店の規模にもよりますが、1日数十名のお客様の応対をし、その全てのお客様に美容師としてプロの接客を頑張る。


ですが、そうしてる間にも実はその数倍〜数十倍、下手したら数百倍ものお客様に〝見られている〟ことを意識している人は少ない。


そうそれは、インターネットです。



ホームページやホットペッパーやminimo、SNSなどで、今この瞬間にもお客様に見られています。


フロアでチラ見するどころではありません!

ホームページでは美容師のプロフィールを舐めるように見まくっています。笑

試しに自分のプロフィールページの1日のPV数を見てみてください。

それだけのお客様があなた自身を品評してるんですよね...

ヤバくないすか...


これから美容師はWeb接客が必要



美容師はお店で1日たくさんのお客様の対応をしていますが、その裏で数百人に見られている事を意識しないといけません。


目の前の数名のお客様には全力を注ぐのに、
ネットを介してのお客様にはもしテキトーな自分を晒しているとしたら、恥ずかしく思いませんか??


今の全力が、そのネット上で伝わるでしょうか?


あなたがどんな表情で、どんな喋り方で、どんな距離感でお客様に接しているか。

どんな気遣いをして、どんな雰囲気でお客様にサービスを提供しているか。


会ったことのないお客様は全てWeb上のあなたを評価するしかありません。



だからこそ、Web上での美容師としての人格を大事にすべきなんです。

『会ってみたい』『この人に髪やってもらいたい』と思われる人になるために。


恥ずかしくない発信を、
恥ずかしくないプロフィールを、
恥ずかしくない美容師を心がけましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000