はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

美容師は自分の環境に誇りをもって働けているのか?

こないだアルテサロンHD(ホールディングス)のホームページがリニューアルしました。

今更ですが、NYNY(株式会社ニューヨーク・ニューヨーク)は、横浜にある『アルテサロンホールディングス』の子会社で、

同じグループには関東のAsh、STYLE DESIGNER、DIAMOND EYES、そしてChoki Petaなどがあります。



関西では2018年現在、
NYNYが27店舗、Choki Petaが7店舗しかありませんが、

グループ全体の店舗数は、先日300店舗目をオープンしました。



ですが意外と、
自分の会社のことを知らないスタッフは沢山います。


普段お店で働いていると、そういった情報に触れる機会も少なく、ピンと来ないのかもしれません...

中には自社のホームページを見た事がなかったり、例えば求人のパンフレットに書いてあることを知らないっていう美容師もいるかもしれません。
(NYNYには居ないと信じたいww)


でも僕は、もっと自社のことに興味をもって知ってたほうがいいと思うんです。



自分の技術にも環境にも誇りをもつ


大きい会社でも個人店でも同じ事なんですが、

美容師は自分の所属している会社に誇りを持って働けているのか?

って、自分の働き方にも大きく影響すると思ってます。



集客、製造(技術)、接客販売まですべて1人でできてしまう美容師という仕事であるからこそ、いわゆる〝自分の腕一本で食っていける仕事〟のイメージは今でもありますよね。


自分の城を持つ、いわゆる個人独立する美容師さんのほかに、ここ数年は特に業務委託やフリーランスでやっていく覚悟をきめた美容師さんも急激に増えています。


つまり『1つの会社組織でずっと働かない』という働き方は、他の職業よりもハードルが高くなく、ある意味〝美容師の醍醐味〟なのかもしれません。


ですが、

共通の目標を達成して、お互いを高め合うという仕事は組織(チーム)でしかできません。



会社組織があるからこそできる仕事や、人を教育したり、されたりする環境にこそ、誇りやプライドが更に高い位置で持てるように僕は思います。


自分の事だけをするのは1番楽勝ですよね。

やるか?やらないか?自分で自由に選べるので、その結果が良くても悪くても自己責任です。


反対に、人の事を考えて動く・もしくは人を動かすのはとても骨が折れます。


ですが目標を達成した時により大きな成果とやりがいを得られるのは、後者ですよね。


仕事で動ける範囲、人と関われるチャンスと責任、規模感、全部(大小関係なく)会社で働くメリットですが、

これは会社に誇りを持って働くからこそ活かせる環境で、それが無い人には全く縁の無いものなのかもしれません。



学ぶ人はどんな環境でも学ぶし、
動く人はどんな環境でも動きます。


『会社がやってる事は、自分にはあまり関係がないわー』と思ってる人はその幅でしか仕事ができないし、

『会社の規模に誇りを持って、自分は何ができるんだろう?』と思ってる人は(いち美容師であっても変わらず)仕事の幅とチャンスを掴めます。


どちらにせよ、自分の将来を考えたりステージを上げるためには、まず自社の事をちゃんと知る事から始めた方がいいかもしれません。

誇りを持って働けるって素敵ですよね。

0コメント

  • 1000 / 1000