はじめまして、岩田良介です。

美容師の良さをお客様へ発信し、美容院サロンの動員と売り上げを伸ばす『マーケティング』にまつわるブログを書いています。

『ファン化を体感』美容師に必要なマーケティングは〝顧客とのつながり〟


『TikTok (ティックトック)がいまホントに熱いですよねー!』

って言うと、


『なんか若い子がやってるやつよね』
『私にはカンケーないや』
『何が楽しいのか理解できない』
『流行り物には乗らない主義』


とか話を流されることがあります。笑


僕が言いたい事はそれじゃないんだなーって思うんですが...

TikTokは今、美容業界のマーケティングにおいてすごく勉強になることが沢山ある!

って事をみんな気づいてほしいなぁ。



てか誰も『みんな早くTikTok投稿した方がいいですよー!』とは言ってはないよ...笑


楽しめる人は勿論、どんどん投稿してみればいいと思いますが、実はそんな事を言ってるわけじゃないし、

美容師が無理やりミュージックに合わせて髪型の動画を載せても、何もオモロくない。


#美容師でTikTok検索してみてよ...
マジで全然面白くないから...
そもそも楽しみ方を間違えてる。
instagramもそうだけど、

楽しんでやってる人の所に、人は集まるんですよ。






◼︎マーケティングのポイントは、個人が気軽に自分を表現、発信できる事が1番であると思ってる。



この感覚はどんどん加速して、これからお客様はますます『お店ではなく人』を求めて探すようになっていく。

そしてその方が情報の信頼性が高い事を、消費者は気付きだしてる。



どんな仕組みやパターンでチェーン店化しても、愛想の悪いバイトがいるマクドナルドは足が遠のくし、結局は人の教育なのは間違いない。
(出店をパッケージ化してるチョキペタでさえ同じことが起きてる)



悩み、負の解消、流行りのデザイン、利便性、付加価値...
美容師はなんだかんだ色んな考え方でお客様の取り合いをしていますが

顧客との繋がりなくしてこれからのマーケティングは成り立たない。



ツールは何でもいい。


ブログでもinstagramでもTikTokでもYouTubeでもLINE@でもライブでもツイキャスでもイチナナでもニコ生でも、もー何でも好きなやつやりましょ!!

とにかくオンラインとオフラインを分けずに生きる!!!




そして美容師は早く、

ファンやフォローが増えるという感覚を体感してほしい!

それ無くして、美容師がどーやって稼ぐの??どーやって人に教えるの?
流行りのデザインやヘアケア技術も、それは手段であって目的ではない。


これに着いてこれないなら、若い子(美容師)扱う仕事なんて、何も上手くいかないと思いますよ。



美容師が将来どんな方向にいくかは、NYNYならいくらでもあるし、選択肢は自分次第。
でも、この感覚なくして上手くやっていける保証はないから、ちゃんとみんなに伝えたい。



※TikTokの何がマーケの勉強になるのかは、見てみて気づくことがあると思います。色々お話ししましょう!




※ちなみに僕のお気に入りはマサヒロくんです...

0コメント

  • 1000 / 1000