岩田

NYNY サロンマーケター岩田です。

記事一覧(514)

『何食べたい?』『何でもいいよ』←なぜこれを言うとモテないのか?

よくある会話で、どちらか一方が『○○どうする?』って質問をすると、『んー...どっちでもいいよ!』って返しちゃうことないですか??僕は結構あります。何食べたい?どこ行く?どっちにする?これを聞く方も(もしかしたら)どちらでも良いから聞いてるのかもしれませんが、どちらかが答えを出さないと結局はなしが前に進まない事ってよくあると思います。『何でもいいよ』『どっちでもいいよ』って僕は〝非モテ言語〟だと思うんですよね。(あ、非モテ言語でググっても出てきませんよ、今勝手に言葉を作りました。笑)要は〝モテない人が使う特徴的な言語〟だと思うわけです。なぜでしょうか?質問をしてくる相手の気持ちを考えてみる相手はどうする?と聞いているわけですから、この時に相手が考えていることは3パターンあって、①相手に合わせたいと思っている②本当はやりたい事があるけど聞いてみる③本当にどうしたら良いかわからない(もしくはどっちでも良い)このどれかだと思います。①は自分の主張よりも相手を優先させたいというパターン。相手を思いやって立ててくれる気持ちがあるので、キチンと答えてあげる、決めてあげる方が良いに決まっています。決定権がある方がちゃんと決めないと、話が前に進みません。②は女子に多いパターン。本当はどちらが良いか、自分がしたい事が決まっているのに、自分で最終決定をしてないという体(てい)を取っているだけですね。この場合は質問された側が男子であるなら、女子が『本当はどちらが良いと思っているのか?』探る必要があります。ハズすとエライ事になるので、選択には気を付けましょう。笑③は優柔不断で、モノを決めるのが面倒くさい人のパターン。考えるのが面倒なので、決めるのも面倒、自分の主張がないパターンです。でも実はこの③が一番多いケースなのでは?と僕は思ってます。主張がない日本人の悪いクセ主張する事ってとても大事だと思うんです。日本人は特に主張をしない、自分の意見をハッキリといわない文化があって、多くの人は『言わない』って事が美徳とされて育つ人も多いのではないでしょうか?その原因は『相手の事を思っている(気遣っている)から』だと思うのですが、果たして本当にそれが相手を思いやる事につながっているのでしょうか?本当はただ、考えるのが面倒になっているだけなのでは??決定権をもって、小さな選択の責任をもつのが嫌なだけなのでは??だから『何でも良いよ』『どっちでも良いよ』というのは本当は相手に考えを委ねて自分が楽(ラク)をしようとしているだけなのでは??って僕は考えます。本当に相手との関係を良くするなら『自分の意見』を持つ何も考えない、選択しないというのは、ただの怠慢であると思います。人間は常に一瞬、一瞬で『選択すること』を求められて生きていますから、〝選ぶのが面倒くさい〟と思う気持ちは自然ではあるし、悪いことではないとも思います。でも、そんな思考ストップな状態で良いのでしょうか?プライベートな小さなことだったら問題ありませんが、ことビジネスのシーンにおいて〝選ぶのが面倒くさい〟とか〝選択に責任を持ちたくない〟という人が居たとしたら、どうでしょうか?自分の意見を持つ、主張を持つというのは本当に大事な事です。キチンと相手に『自分はこう思っています』を伝えたうえで、『では、あなたはどう思われますか?』と聞く耳をもつことが、相手との関係を最良に保つコツなんじゃないかと思ってます。それは相手の事を思っているからであり、主張を大事にすることであり、お互いを尊重し合う事だと思うからです。相手を本当に思っているなら、自分の主張をする。これは自分の〝わがまま〟を言いたいわけではなく、自分の意見だけを相手に押し付けたいわけでもありません。どんな場でも、自分の意見を主張できる、そんな人間になりたいですね。

モノを買うのが上手い人6パターンで学ぶ『消費者2.0』思考

集客をしたりとか、モノを売ったりとかするのが上手な人がいますが、その逆で『モノを買うのが上手い人』っていうのも居ます。お金の使い方とも言えるかもしれませんが、モノを買うのが上手い人は、間違いなく売るのも当然上手いです。僕もいままで色んな社長さんやお金を稼ぐのが上手い人を見て、その人たちのお金の使い方を研究しました。ではそのような人たち、モノを買うのが上手い人っていうのは、どんな特徴があるのでしょうか?わかりやすく6項目にまとめてみました。①原価の計算ばかりやらず利益を考えるよくありますよね、マクドナルドのハンバーガーの原価は何円だ!とか、原価がこんなに安いものを売って、超儲かるよねーとか...でも実は商売してる人なら単純に理解できると思いますが、その商品そのものの原価が100円だとして、1000円で売ったら丸々900円の利益になる!って事はあり得ませんよね??100円は仕入れ額であって、それを売るために人件費もかかるし、お店の光熱費や、販売するために諸々の経費が沢山かかっています。一度調べてみたんですが、例えば1皿100円の回転寿司なんかでも40円が材料費、30円が人件費、25円が諸経費で取られてしまうので、利益はたった5円しかありません。(飲食店のなかでもお寿司は特に原価が高いので、平均50%くらいはいくらしい)そんなモロモロを理解して、そのお店がどれくらい儲かってるかどうか?をザックリ理解して...と、商売人なら考えちゃいます。ご飯食べに行くたびに毎回こんな事考えてるの???笑って思うかもしれませんが、意外なところでビジネスのヒントに気付いたりしますので、普段自分がプライベートでモノを買ったりする行動1つで、勉強になるのです。だからモノを買うというだけで、自分のプラスにすることができます。②物よりも〝体験〟に価値をおく買い物が上手い人は、商品そのものの価値とか原価ではなく、それを買う事で〝どんな体験が得られるか?〟を重要視して選びます。商品でも食べ物でもサービスでも、それを買う事で得られる物理的な満足度だけにこだわるのではなく、そのモノを買う事で〇〇の体験ができるとか、自分の大切な仲間と○○の体験ができるとか、その体験に関してコスパを考えてお金を払います。(いわゆるプライスレス!ってやつですね)普段は買わないものでも、旅行に行ったら〝お土産〟という名目で色々買っちゃう!っていうのも、ある意味思い出という体験を一緒に購入していると言えるかもしれません。だから商品そのものよりも、いかに〝求めている体験ができるか?〟を購入の基準にするかの方が、消費者として満足度の高い買い物ができるように思います。③現在の価値よりも、投資できる価値を見極める目先の利益になるものではなく、投資してその価値がどう上がっていくか?を考えて購入している人は、とても賢い買い物ができています。これは単純に金銭的な利益とか、投資価値とか、カタい事を抜きにして考えたとして、今コレを買ったら、後でどんな価値に化けるかな??と〝投資感覚〟で考えているかどうかです。ですので、価値が長続きしないものよりも、長く楽しめるものだったり、後で価値が上がるものを考えて購入する基準を考えます。買い物が上手い人は普段から投資感覚を磨いているんですね。④時間が短縮できるものを買うお金はいくらでも稼げる人はいますが、時間は人類みな平等に24時間与えられているので、増やすことができません。ですので、お金よりも大事な物を時間という風に価値をおいているので、〝時間をお金で買う〟という感覚を持っている人が、よりお金を増やすひと(つまり稼げる人)であり、買い方が上手いっていう風に言えるのではないでしょうか。お金を払ってでも早く終わるものを選んだりと合理的な考え方ができるので、そこで捻出した時間でまた多くのモノを生んだり、稼いだりできます。だから時間を買うという概念でモノの購入を考えるし、そこに金額を惜しまず使うことでまた新たなお金を生む感覚が出来上がっています。〝時は金なり〟と昔から言いますが、お金と同じくらい時間を大事にしろよな!って意味合い以上に〝お金より時間〟だと僕は思います。『いやいや、時間はかかっても、金額が安い方を選ぶし!』って考え方をしていると、いつまでも時間を捻出する工夫ができず、ひいては〝お金を稼ぐ思考〟が身に付きません。1,000円節約して1時間かかってしまうなら、僕はその1時間を1,000円で買って2,000円稼ぐ方法を考えて行動します。稼げる人と買い物の上手さはリンクするんですね!⑤他者貢献できるものを買うモノを買うのが上手い、お金を使うのが上手い人は、自分の利になるものだけではなくて、他者にどう貢献できるか?に対してお金を払う印象が強いです。自分が欲しい物がどうこうっていうよりも、一緒に関わる仲間や家族や友達が、どう喜んでくれるか?とか、その人たちとどんな楽しい事が共有できるか?に重きを置いて、お金を払っています。なので、ボランティアとか寄付とか、そういう単純なものだけではなく自分の目の届く範囲だけでも『相手が喜ぶもの』を買って、自分の満足度をあげているのが、やっぱりすごい人たちの特徴ですね。⑥消費者心理を理解しながら買うこれはマーケティングの考え方が必要だって事なんですが、人がモノを買うとき、買う前に〝どんな気持ちになってそれを購入するのか?〟を意識しながらお金を払います。いま目の前のモノを欲しいと思った、買ってしまった自分の気持ちは、どのようにマーケティングされたものなのか?を考えてみるんです。これは『行動心理学』という分野で緻密に計算されたもので、人はどんな訴求をされると、どう行動してしまうのか?を自分で体験すること。これを体験する事で単純に、自分がまんまと戦略にハマり『なんとなく買ってしまった...』って事に気付いたり、逆にちゃんと納得してモノを購入する事ができるようになります。

プロ目線を脱却し〝お客様目線〟に気付ける4つの方法とは

ホットペッパーとかminimoなんかのクーポン作成とか、プロフィールの書き方なんかを今まで数百数千見てきて思うのが、『みな一生懸命すぎてお客様の目線を忘れちゃってるよね』って事です。悪く言えば〝美容師の都合を押し付けすぎ〟といった感じで、わざとターゲットを絞って敷居を高くしているならまだしも、良かれと思って入り口を狭めてしまっているお店も少なくない。これってただクーポンやメニューの値段の事を指摘しているわけではなくて、文章の書き方1つ見てもそのように感じることが多いんです。『お客様目線』はフロアだけでなく、来店前にも必要よく美容室ではお互いの接客を高め合うために『お客様目線にならないとね』と指摘し合いますよね。あの時の言い方、見え方、感じ方。掃除ひとつにしても、美容師は立って仕事しているから、座った位置でお客様の見える範囲をキッチリ掃除しましょう!なんて、日々〝自分の立場と違う目線〟というのを意識して、サービスの質を高め合っていると思います。それと全く同じことを、ネットでもしないといけません。ましてや1度来てもらってるお客様ならフォローが効きますが、来てないお客様にフォローなんてできるわけがありません...対面ではなく文章のみの対応だからこそ、数倍の気遣いや工夫が必要なのは言うまでもなく、ネットの文章でお客様目線になれないお店(スタッフ)は確実に売れません。では、どのようにしてネットでの〝お客様目線〟に気付くことができるでしょうか??①同業のサービスを受けまくるまずは同業種のサービスを受けまくる事です。例えば美容師だったら美容室に行く!これは僕が今まで何度もブログで書いてきましたが、自分のお店で髪をやってもらってばかりでは、新しい発見もクソもありません。今まで良かれと思ってやってきたサービスに関しての矛盾を発見しないといけませんから、実は〝美容室を予約する〟って行為に物凄く価値があるんです。いざ行くとなったら失敗したくないはずなので、色々と美容室を比較検討しながらめちゃくちゃ色んなページを見ると思います。その時に初めて、消費者の気持ちに立てるので、美容室の矛盾や不親切さに気付きます。かつてアパホテルの社長、元谷芙美子さんも自ら同業のホテルや旅館に泊まって『ホテル業界の当たり前』に疑問を抱いて、自社のサービスの見直しをされたそうです。②自分の興味に関係なく消費者体験しまくる世の中で流行ってるサービスや、お店、飲食店、スマホのアプリなんかを、自分の興味あるなしに関係なく〝体験〟するってことは、とても強い刺激になります。流行っているには絶対に理由があるはずだし、ビジネスモデルとして全く違う業態であったとしても、消費者心理というものを体験すると新しい発見がでてきます。たとえば電子マネーやQRコード決済なんかもそうで、自分がなんか面倒くさいとか、あんまり好きじゃないとかって個人的な興味だけで利用しないままいたとしたら、商売する立場でなにかをお客様に仕掛ける(マーケティングする)時に何も発想できません。自分の狭い視野で生きていくのではなく、広く興味のない事まで〝リサーチ目的〟で体験してみるのも、面白いですよ!③店員さんやその道のプロ消費者に質問する行ってみたお店でスタッフさんと話しまくるっていうのも、大事な項目の一つです。よくあるのが、黙ってサービスを受けて『自分の思い込み』が強いままのフィルターで体験をしてしまうこと。『どうせコレって〇〇だろう』『あぁ~これは〇〇で、あるあるだね』『この場合はきっと〇〇の意図があるんだろうね』と、玄人目線すぎるがゆえに何でも〝知ったかんじ〟で物事を見てしまう。これでは新しい発見をすることはできず、吸収するものもみつかりません。そうではなく、真っ新な気持ちで純粋に疑問を探し、お客様としてスタッフさんに質問をしてみる。答えを知っていたとしても、聞く。これを繰り返していると、思わぬ意図をもっていたり、発想にない考えと出会えたりすることがあります。そのサービスを純粋にめちゃくちゃ楽しんでる人の意見や、魅力を聞いたりすることで、お客様の気持ちに少し近づけるように思います。④異性や異世代の人に話を聞きまくる自分と違う性別の方にお話しを聞いたり、全く関わる事のない年代の人たちとお話する機会があればとてもラッキーです。美容師であればお客様がそうかもしれませんが、普段関わらない人種の人たちと交わったり、自分の業種の事をどう思ってるか?などの質問ができると、自分が思ってもみない角度で返答が帰ってきたりする事もあります。いかにその時に『自分の業界では当たり前のことが、他人にとっては非常識である』ってことかを知ることができますね。とにかくこのような方法で、いかに本当の意味で〝お客様目線〟になれるか?を徹底的に考えてみる。そうすると、今までの矛盾や不親切があらわになり、マーケティング向上のヒントが見つかると思います。

【超記憶術】本を読んでもすぐ内容忘れちゃう人へ

『本を読むのは割と好きなんですが、どうも読んだ内容を忘れちゃうんですよね...』という話をよく耳にします。僕も本を読むのが好き(というかインプットしてないと不安になる)なので、毎月いろんなジャンルの本を買うのですが、結論から言います。本なんて読むだけじゃ何も身になりません!!1冊の本を何度も何度も読み返したりするのであれば、内容も覚えられるかもしれませんが、そうでない場合は読んで数日したら忘れちゃいます。『本を読むだけじゃなくて、すぐ行動に移さなければ意味がない!』これもその通りなんですが、全部が全部すぐに実践できることじゃなかったり、考え方をアップデートする内容だったりする場合、行動ではなく思考に影響するものなので、特に忘れやすいかもしれません。では、どうしたら読んだ本の内容をちゃんと記憶出来て、自分の引き出しとして身につけることができるようになるのでしょうか?本は読んでから〝書き出す作業〟が1セット正にこれです。本を読んで、気になった個所を線ひいたり、メモしたりする。ここまでは誰でもやる事だと思うんですが、その次に必須なのが、〝アウトプットするまでがセット〟という事です。これが中々できる人が少ない!もう初めに答え言っちゃいますが、ぶっちゃけアウトプットしてる人なんで世の中見渡しても少数派なんだから、人のやらない事をやり続ける人が絶対に成功します。みんな面倒くさくてやらないもんね。だからやる人だけが成果が出るんです。本の話題に戻りますが、本を読んで新しい事を知ったり、気付いた事があったりして、その時はめちゃくちゃテンションが上がって『すごく勉強になったぜー!』と思ったとしても、(ほとんどの人の)人間の脳はそんな簡単なことで記憶に定着してくれません。なので、新しい知識を自分の言葉で、自分が理解したまんま、文章におこす(いわゆる言語化)って事をすると、人間の脳はおもしろいようにその事柄を記憶に定着させてくれます。これは脳科学的にも証明されていることで、記憶のメカニズムでもあるので、本当にお勧めです。なので、本を読んだらどんどんアウトプットしていくことが大事なんですね!アウトプットは文章だけじゃない文章に書くだけではなくて、人に話すって行為も、同じように記憶の定着に有効です。面白い内容、勉強になったこと、すごくためになった事、なんでもいいからとにかく人に話してみましょう。上手く喋ろうとするとハードルが上がり、離せなくなってしまう人もいると思いますがとにかく自分が思ったことを言葉にするって言うのが1番重要です。ブログでも話術でも、やっていくうちに上手になってくるものだし、もし『恥ずかしい...』と思うのであれば、だれかに見せずに匿名で始めてみてもいいかもしれません。(僕も昔は本名ではなく、ペンネームでブログを書き続けてる時がありました)最初から上手くなくていいです、とにかくやってみる事!ここから始めましょう。別に集客目的とか、そんなんじゃなくていいし、自分の勉強・成長のためだと思えばいいです。そもそも本を読むこと自体が、自分への成長の投資だと思いますので、とにかく本が好きなら読んだ後にアウトプットしよう!というのが1番自分の成長を加速させる良い方法だと僕は思います。

【手段と目的】気づいたら違う所に行っちゃいますよ

例えば自宅から1kmくらい離れた所にあるスーパーに買い物に行くとして、あなたは移動手段として何を使いますか??歩いてでもいいし、自転車でもいいし、自家用車か、バスか、もしくはタクシーでもいいですね!それぞれメリットorデメリットがあって、かかるコストも違います。歩いていけば疲れるし、時間もかかりますが、得られるメリットは健康だったり、お金もかかりません。自転車だったら早くて楽ですが、帰りに雨が降った時の事を考えると『やっぱり傘もさせるし、歩きで行こうかな?』と考えます。とはいえ車が1番早いし楽だし、大きな荷物が積めて便利ではありますが、健康のためにはどうか?駐車場は?と色々選択の余地はあるかもしれません。結局いろいろ考えた末、この選択肢の中からどれを選ぶか?はどのように決定しますでしょうか?それは『目的と優先順位』によるんですよね。大きな買い物をしたいので、荷物を積みたい!ってことを優先すれば、車かタクシーになります。健康面や金銭的コストも考えるなら、徒歩を優先するかもしれません。まぁ細かく言い出したらキリがありませんが、買い物に行くという目的以外に、自分が優先すべきことを考慮して、移動手段を選びます。じゃあ逆に、今回のケースを移動手段から考えるとどうなるでしょう??健康のために歩きたいから、〇〇に行く。自転車に乗りたいから、〇〇に行く。車に乗りたいから、〇〇に行く。これは移動手段をまず第1に目的として考えているので、行き先はそれに合わせて〝コストが見合う場所〟を選択することになります。なので移動手段を先に選ぶと、行き先が変わっちゃいますよね。これが、手段であるか?目的であるか?の違いの大きなポイントです。

チャレンジし続ける人は〝答えを知ってる人〟か〝〇〇な人〟

チャレンジを繰り返すには、とても体力がいる。だからほとんどの人はチャレンジをあまりしないし、やっても長続きしないことが多いです。生活習慣とか、体のペースとか、人は決められたルーティンの中に納まるのが心地よいと感じる生き物らしく、あえて自分からそれを外れる行為をする人は、珍しいのかもしれません。ですが、それを上回る好奇心と向上心があれば、『チャレンジしてみよう!』と思って奮起する時期って誰でもあると思うんです。そこで障害になるのが、ある意味〝まわりからの評価〟かもしれません。周りからの評価はよくも悪くも働く何かを始めようと奮起して始めてみたはいいものの、周りの人間がうるさくて諦めてしまう、モチベーションが下がってしまう事もあるかもしれません。たとえば自分のルールでやっているのに『○○したの?』とか『最近○○してないね?』と声を掛けられる事がありますが、そのせいで気持ちが萎えてしまう...そんな人もいるかと思います。笑いわゆる『丁度今から宿題やろうと思ってたのに、おかんからうるさく言われるやつ』に似てますね。笑人から言われる前に完璧にこなす事に越したことはありませんが、誰かの余計な一言で自分のやる気が阻害されてしまうなら、それを聞かずにひたすら自分との闘いをし続ければ、その方が上手くいく人もいると思います。結果が出たことに対して褒められるのは、継続するモチベーションにもなりますが、『何もやってない人にいちいち指摘されるのが腹立つ!』って人もいるので、言う側も気を付けたいと思います。アドバイスのつもりで声をかけたいなら、その人がよりモチベーションが上がる言い方や言葉を考えるのも、良いですね。子供の頃はチャレンジが怖くなかったのはなぜか?誰でも年をとるにつれてチャレンジする事が億劫になってきます。どれは何故かというと、やりきる努力量が見えてしまってるが故に、面倒臭くなるからです。若いころは(ある意味)自分は何でもできる!成功できる特別な存在!と、根拠もなく信じれる時期があったかもしれませんが、いざ社会にもまれて失敗を繰り返すと、自分が意外に出来ないことに気付きます。もしくは成功しているパターンでも、『このくらいの成功をつかむには、このくらいの努力が必要』だと理解できるようになってきます。これが見えている人はまだ良いかもしれませんが、ほとんどの人がやり切れる自分に自信を持っていませんから、年を重ねるごとに徐々に諦めが入ってくるのは仕方がないことかもしれません。だから言い方は悪いですが、チャレンジし続ける人は〝アホな人〟か、〝知ってる人〟か、どちらかなんです。〝アホな人〟は、いい意味で純粋で、怖がらずに前に進める人間。〝知ってる人〟は、100回たたいたら壊れる壁を、100回たたけば壊れると知ってる人です。ちなみに僕は両方(のつもり)です。笑『継続する事が美徳』が邪魔になる場合も...何事においても『継続する事がすごい!』といわれますが、僕は必ずしもそうではないと思っています。継続する事はベターではあっても、ベストではありません。何故かというと、結果の出ない継続は意味をなさないからです。温泉を掘り当てたいのに、源泉の無い全く違う場所をひたすら掘りまくっても、出ない物は出ません。誰も掘ることができないくらいに深い位置に源泉があったとしたら、それは継続の為せる成果だと思いますが、そもそも方向性が間違ってる人には意味のない行為であることは変わりありません。なので、あらかじめ必ず〝撤退ライン〟というのを設けて、計画通りに行動を起こすのが賢いやり方ではないかと思ってます。